FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

傍線部の記号をメモする
 入試,定期テストの国語,英語,読解の問題では,

「傍線部(1)について・・・・」

 というような設問が一般的です。

 ずらずらと書かれている長い文を読んで,設問を読む。そして,「(1)はどこにあったかな?」と思ってさがすのですね。普通は。
 長い文だとそれを探し出すのに時間がかかります。

 高校入試,英語の場合,ぼくは設問から読むように言っています。設問を読んでから,長文の中から答えを見つける方が効率的です。

 しかし,国語の場合は,内容が分からないとやはり意味が分かりません。設問ではなく,問題文(本文)から読むように言っています。

 そして,国語の問題に関しては,
「読みながら,傍線部(1)が出てきたら,上の方に(1)とメモするように。そうすると,後で(1)をすぐに見つけることができるだろう。メモをするのに,たいした時間はかからない。後でさがすのがとても楽になる。ちょっとした時間だけどテストのときには貴重な時間だよ」
 と言っています。

 ちょっとしたことですが,時間を有効に使うことができますね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.