FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

真横から見た「フレミングの左手の法則」の問題
 フレミングの左手の法則は,難しいですね。

 前に
 フレミングの左手の法則の変則
 と
「フレミングの左手の法則変則版」にさらに工夫
 を書きました。

 きょうは,「フレミングの左手の法則」の問題について,ぼくの工夫したことを書きます。

 「フレミングの左手の法則」の問題は,斜め上から見た感じにの絵を与えてやりますね。これはしようのないことではあります。3次元の問題を2次元の紙の上に表すのですから,斜め方向からの図になるのは自然なことです。

 しかし,これがなかなか難しいのです。「フレミングの左手の法則」そのものもまだしっかりしていないのに,斜めという見方もしなければいけない。磁界の向きはたいてい,上から下か,下から上,これはいいです。しかし,電流の流れは,例えば斜め上,紙の裏側から,斜め下 ,紙の表側に流れているといった図です。言葉で表すのは難しいのですが,理科を教えている方は分かってくれると思います。

 まあ,ここでぼくの言いたいことは,斜め方向から見るというのは,難しいものだということです。

 それで,ぼくの工夫したことです。真横方向から見るのです。

 例えば,次のような図です。

┌──────┐
│   N     │
└──────┘

→→→→→→→→ (電流)

┌──────┐
│   S     │
└──────┘ この図では,磁界の無機が上から下
 電流が左から右,というのが分かります。

 答えは選択肢にします。 磁界の無機は(ア,図の表側から裏側, イ,図の裏側から表側 }

 別のは,まず,電流の向きが図の表側から裏側の時は(×),逆に裏から表の場合は(・)とすることを教えます。ぼくは,右ねじの法則を教えるときにすでに教えているので,確認します。ねじの頭の方からみると(×) ,先の方から見ると(・)に見えるでしょう,というと理解して,すぐに覚えてくれます。
 本当は,(×)ではなく○に×,(・)は○に・です。ブログではうまくでないようです。

 そして,次のような問題を与えます。

┌──────┐
│   N     │
└──────┘

    (×)(電流)

┌──────┐
│   S     │
└──────┘ 

 「左,右」で答えさせます。ちょっといじわるで,選択肢に,前,後,上,下も加えます。

 このように真横から見たので練習をしてから,斜めからのものに進みます。
 このやり方でもなかなか難しいのですが,斜めからの図にすぐ進むよりはずっとやりやすいようです。

 なお,手を動かすのが難しければ,問題の書かれている本をまわしてもいいんだよ,とアドバイスした方がいいですね。図はそのままにして,手をいろいろねじって苦労していることがよくあります。 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.