FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

商の途中に0が入るわり算
 小学5年生は,いま小数のわり算をやっています。小数点を打つのはそれほど難しくありません。それよりもわり算そのものが難しいです。よく間違えては直しをやっています。

 その中で「何度やっても同じ答えにしかならないよ」と,やってくる子がいます。見ると,正しい商は,12.08なのに12.8と書いてあったりします。
商の途中に0があるのですね。これはとてもよく間違えるわり算です。「0」はくせ者なのです。簡単そうで一番やっかいなものです。

 もちろん,整数のわり算で途中に0の入るのを何度もやっています。でも,まだきちんと身に付いていません。
 そういう子がやった計算を見ると,整理されていないのですね。きちんと並んでいません。だから何の数の上に何がきたのかよく分からない。
 だから割れないときは,0を立てずに,次の数を下ろしても平気なのです。

「わり算はちゃんと並べながら書かないと間違うんだよ」と注意します。それでもできないことが多いですね。

 そういうときは,縦棒を入れてあげます。割られる数を区切るようにし,下に長い縦棒です。
 96.64÷8の場合 8)96.64 になりますね。9と6,小数点のところ,6と4の間に線を入れるのです。
warizanntatebou.jpg

そして

 「はい,もう一度やってごらん」と言ってさせます。これでほとんどの子ができますね。

 それでもできないときは,一つひとつ見てあげるしかありません。目の前でさせて,間違えたときに,
 「6÷8はできる?」「できない」
 「できないときはどうするの?」 などと問答しながらやり方を導いていきます。まったく忘れている場合もあるので,「こういうときはね・・・」と教えることもあります。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.