FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

英語,教材の選び方
英語学習「見積もりの誤り」
 
 のつづきになります。

 国立高1年さん、は,「Rosseta Stone」「英語は逆から学べ!」を勧めています。

 

 Rosetta Stoneは,悪くないかもしれません。コンピュータの機能を使った英語学習はいいのではないかと思っています。
 ただ,かなり高価なのでぼくは買うつもりはありませんが,お金があるなら試してみたらどうでしょうか。ただし,少なくとも中学の文法は一通り終わった方です。
 そして,ぼくは,このような高価な教材よりもNHKラジオの講座をきちんきちんとやったほうがいいと思っています。

 次にお勧めの「英語は逆から学べ!」



 ぼくなら,ふつう買わないですね。せっかくお勧めなので,買って読んでみます。前の記事で紹介した藤沢晃治著「30歳からの英語攻略」から引用します。

教材選び
各分野の話に入る前に、高額な教材を買う場合の注意をまず述べたいと思います。「なんとなく英会話を勉強したい症候群」列島のわが国では、英語教材には巨大な市場が存在しています。したがって、いろいろな英語教材の広告に目移りしそうになったとき忘れてほしくない原則中の原則があります。それは「語学習得に王道なし」という大原則です。

勘のいい人は、この本の第1章を読んだだけでお気づきと思いますが、「英語をモノにする」のに安易な道などこの世には存在しないのです。インチキ教材の広告にだまされない簡単な方法は、この「語学習得に王道なし」という大原則を否定しているようなキャッチフレーズが使われているかどうかで判断するのです。

キーワードとしては、「一日五分間聞くだけで、突然・・=・・」とか、「英語の勉強はもう不要」「なまけ者に最適な」などと、安易さを主張する表現があった場合、一応警戒したほうが無難でしょう。とにかく英語という敵は、多面的に攻めなければ落ちません。私のこの本の読者であるあなたは、たったー種類の英会話教材だけで英語がマスターできるなどという甘いことはゆめゆめ考えないでください。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.