FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

平和を考える
 mixiともだちからメールをいただいた。沖縄に来て,そしてひめゆり平和祈念館をおとずれ,平和,憲法9条について考えたとのこと。

 偶然ではあるが,実はぼくは昨日読谷村のチビチリガマを訪れた。大学時代の後輩で,友人の妻である金沢市の議員Yさんが訪れたので,彼女に会うためである。

 チビチリガマは集団自決のあったところだ。もちろんぼくはそのことは知っていた。しかし,役場で遺族会の会長をなさっている方の説明は心を動かされた。

 集団自決そのものももちらん悲劇である。しかし,戦争が終わってもその悲劇は終わっていなかったのだ。その関係者は長い間口をつぐんで苦しんでいた。自殺未遂をおこした人もいた。酒におぼれて現実逃避をする人もいた。すべての人が苦しんだのだろう。


 沖縄の人の平和に対する思いは,本土の人とかなりちがうように感じる。
 あの戦争を体験したからだろう。そして,戦争が終わって生まれた私たちもそれを感じている。

 平和に対する願いは強い。

 しかし,それをどうすれば実現するのかについての考えは浅い,とも感じる。

 だからmixiともだちの彼が書いてあること,憲法9条をどうするのか,についての理論は足りない。私もそのひとりである。

 とにかく,平和でなくちゃいけない,戦争はいやだ。

 ぼくはそれでもいいのではないか,とも思う。とにかう平和でなければ。

 その実現のために,どうすればいいのか,政治家は考えてくれ。それがあなたたちの仕事だ。

 それを懸命に考えている人に私の一票をたくしたい。

 もちろん,だまされてはいけない。平和をさけびながら,戦争へつっこんでいく姿をかくしている政治家もいる。それは忘れないで。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.