FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

可算名詞と不可算名詞
 名詞には、数えられるもの(可算名詞)と数えられるもの(不可算名詞)があります。

 拙著「プログラム学習英語」では、簡単に説明されています。many, much, few, little は、名詞が数えられるのかどうかということによります。入試問題でもよく出題されます。

 入試問題の一斉授業のときなどに、少し詳しく説明します。


 英語では、数えられるのかどうかというのはきびしく区別する。日本語ではそうでもないけど。

 では、「本」は数えられる名詞かな、それとも数えられない名詞かな?(数えられるよ)

 そうだね。では、ミルクは?(数えられない)

 コップは?(数えられる)、お米は(??? 数えられないかな)
 お金は?(数えられるよ)、紙は?(数えられる)

 では、区別の仕方を教えるよ。

 人間がいます。[黒板に簡単な人の絵を描く]

 これをばさっと2つに切った。(わあ、残酷!!)
 人は2人になったかな? (ならないよ)

 もちろんならないね。
 では、ミルクがあるよ。コップいっぱいに。それを2つに分けるよ。どれもミルクだよね。ミルクであることに変わりがない。

 1つのミルクは分けてもミルク。2カップのミルクになる。このように分けてももとのものと同じものは「数えられない」とするんだ。
 1つだったのをただ分けただけで2つになったり、3つになったりしては、1つ、2つと数える意味がないだろう。

 人間は2つに切ってしまうともう人間とは言えない。そういうのは「数えられる」というんだ。1人の人間は切り分けても2人はならない。

 水、ミルク、コーヒーなどは、数えられないということは分かるね。
 本、時計、扇風機・・、これらは切ってしまうともうそのものではないので、数えられる。鉛筆は、横に切ると確かに短い鉛筆が2本ということだろうが、縦に切ると鉛筆とは言えないね。だから数えられる。イメージわいてきたかな。

 次は、中級編だよ。
 では、紙は? さっきみんなは紙は数えられるって答えたけど・・・。確かにぼくらは紙を1枚、2枚と数えているね。だから紙は数えられるという感じがする。

 ここに1枚の紙がある。これをはさみで2つに切るよ。どうなる。やはり紙だね。だから、紙は数えられないんだよ。

 数えられるのか、数えられないのかは、絶対的ではない。状況によっても変わるんだ。
 コーヒーはさっき数えられないってことになったね。だから、コーヒーはふつう a coffee, two coffees とは言わない。わざわざ「いっぱいの」「2はいの」をつけて a cup of coffee , two cups of coffee などと言うんだ。

 しかし、マクドナルドなどでは、one coffee , two coffees などと言うらしい。
 ぼくの勝手な解釈もあるけど
 店ではカップに入った状態で一つの商品だ。カップ1杯が1つの商品。それを2つに分けてしまって半分だけ出したら、たぶん次からその客は来なくなるね。分けてしまうともう元のものとは言えない。だから、数えられる名詞扱いをするんだろうね。
 もちろん、ああいう忙しいところでは、a cup of なんてつけては面倒だということからでもあると思う。

 石は、数えられるかな? (数えられないんじゃない。2つに分けても石だから)
 そうだね。基本的には、石は数えられない名詞の仲間だ。
 でも、数えられる名詞として使われることも少なくない。
 たとえば、昔は石を投げて戦争をした。石つぶてなどと言うね。

 大将が部下に「1000個の石を準備しろ」と命令した。部下は1000個も石を準備するのが大変だから、1個の石を2つに割って小さな石で1000個準備し、大将に渡した。
 もちろん、叱られるだろうね。「これで戦争に勝てるか!ばかもん」と。
 割っても石ではあるだろうけど、もうその役割をしない場合、大きさがある程度決まっている場合、そういう場合は石も数えられるということになるんだろうね。これもぼくの解釈が入っているけど。

 では、お金は? お金は数えられるの? 
 (これについては明日書きます)
 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.