FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

高校生版は?
 Oさんから返信がありました。

(Yojiから)
 メールありがとうございます。一つひとつ回答いたします。

まだやっていませんので、とにかくプログラム学習で総復習してみます。
何回も音読しながらやった方がいいですよね?
書く行為だけでもいいですが、塾ではどのようにアドバイスしてますか?

 

(Yojiの回答)
 中学生にとっては、あの分厚い本を一通りやるだけで精一杯です。生徒自身でやって、チェック係に調べてもらい、間違えたところは再考する。どうしても分からないところはぼくら学習援助者に教えてもらうという方法でやっています。


あと、もう一つ質問ですが、なぜ高校版はないのでしょうか?
中学のプログラム学習だけで十分ということですか?
数学も、英語も中学だけなようですが。



 (Yojiの回答)
 ぼくの仕事は、塾の学習援助者で、塾の生徒は小学生、中学生です。彼らが学ぶことを学習書にしているだけです。高校生はやっていないので、学習書がないということです。
 生徒の反応を見ながら作ってきた本です。生徒がいないとできないですね。

私は是非、仲松さんに可算、不可算(冠詞)のみのプログラム学習書を作成していただきたいです。!!(希望です)

 

(Yojiの回答)
 ありがとうございます。ただ、かいかぶりすぎですね。ぼくは単なる塾屋です。塾で教える範囲に限られています。教えることが多くて、浅く広くという感じです。英語力に関しては、Oさんに及びません。

 中学では、その可算、不可算はそんなにでませんが、高校、大学へ進学していろいろな英語文書をみると
なんでこれが数えられるの? なんでここは無冠詞なの?とか文法書からは導けないものがたくさんあります。
英語辞書にはUとCで名詞にふられていますが、だからなんでそうなの?と。。。。つっこみたくなるのです。
他の文法は参考書みればなんとかわかりますが、可算、不可算は感覚の域までもっていかないとわかりません。

生徒はおとなになっても苦手なところは冠詞、前置詞です。
よくいいますね、前置詞3年、冠詞8年と。。。。
その理由は、学校でおろそかにしているから、あとあと?なるんですよ。
もっと細かく中学、高校の時に説明してくれてたら苦労していません。。。



 (Yojiの回答)
 その通りだと思います。可算、不可算、冠詞、前置詞は、難しいですね。そして、大切です。
 「可算名詞と不可算名詞」については、きょうのブログに書きました。
可算名詞と不可算名詞

冠詞についても数日中に書くつもりです。
いずれにしても、それの中心的な意味をつかむことが大切だと思います。暗記も大切ですが、ただただ、この場合はこう、あの場合はああ、という感じで羅列的に覚えるよりは、中心語義をつかむことが大切ですね。
 前置詞について、ぼくは、atは「一点」、toは「目標点」のように教えています。「~で」「~に」ではしようがない。
 それについては、田中茂範先生のコア理論は参考になります。
話せる英単語ネットワーク 前置詞編
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.