FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

どのように生徒に教えていいかも参考になる
 Oさんからメールをいただきました。


 ブログ拝見しました。

ほんと、可算、不可算はおくが深いですね。
日本人と英語話者の名詞の取り方の違いでこのように価値観に違いがでてくるとは。

文脈をよくみて、名詞が何を表したいのかを考えないといけません。

その可算、不可算、theか無冠詞は、英語話者は即座に考える時間もなく言葉で使っているのです。

日本語にないその考えかたを、同じ会話の中で瞬時に切り替えないといけないので、相当な訓練が必要でしょう。


a chickenとchickenは 肉にかわると不可算になるルールをしっていないと区別不能な会話に。。。
おそろしいことです。
I like a dogとI like dogもこわい!!!!

dogも肉用の言葉がないので、aをとると犬肉に!!!!
チキンは丸焼きにすることがあるからいいけど、、dogで間違えた日には、、、、、、、、



話はかわり、仲松さんのプログラム学習を始めました。
中学1から総復習のつもりでやろうと思い始めましたが、始めると止まりませんね!!!
どんどんできるので、1日で100ページ終わる日もありました。
進みすぎもよくないので今は1日2章くらいでおさえています。
1章も長いのでちょうどいいかと。
この学習は、どのように生徒に教えていいかも解いてるだけで書いてあるので非常に参考になります。
何回通りもやれば記憶は強化されるでしょう。
何事も基礎が大事ですから、中学3年間は重要です。すべてその3年間から派生していきます。
また状況報告します。



(Yojiの返信)
 メールありがとうございます。

 本当に,可算,不可算は奥が深いです。でも,なぜにこだわって勉強をするとおもしろいものだと思います。
 日米の文化の違いも考えながら,英語は使わないといけないし,大変です。

 ぼくのテキストをやっていただいているとのこと,うれしいです。Oさんには簡単すぎて飽き飽きするのではないかと思います。ただ,「どのように生徒に教えていいかも解いてるだけで書いてあるので非常に参考になります」とあるので,とてもうれしいです。

 ぼくは,自分の英語力をつけるより,生徒がどのようにすれば理解してくれるのかを考えること,またそのために英語のなぜを考えることがおもしろく,そっちに進んでしまいました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.