FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

冠詞(a, the)と助詞「が、は」
 冠詞は、日本人のいちばん苦手なものだと思います。ぼくもまだ十分に使いこなすことはできません。

 文英堂「理解しやすい英文法」には、

 不定冠詞と定冠詞を比べると、次のようなちがいがある。
不定冠詞・・・はじめて話題となるもの、不特定のものに用いる。 数えられる名詞の単数形にのみつける。
定冠詞・・・既出のものや状況からそれとわかるもの、特定のものに用いる。
 名手の種類や数に関係なく、どの名詞にもつけられる。
He has a son. The son is a doctor.
Please open the window.


 とあります。分かる人は、そうだなと思うでしょうが、分からない人はこれでは分からないでしょうね。

 また、定冠詞the は「その」、不定冠詞a(an)は「一つの」と訳しますが、それだけでは、絶対に対応することはできません。特に a は「一つ」というよりも、「どれでもいいから1つの」と不特定物を指す意味が強いのです。

 日本語では、「その」「1つの」を省略した方が自然な表現になることが少なくないのです。

 また、この定冠詞、不定冠詞はとても重要だそうです。

 野口悠紀雄の著書の一つだったと思いますが、
 ネイティブの人が「前置詞などは少々間違えても大丈夫ですよ」と言うので、「冠詞もそうですか?」と尋ねると、「いや、冠詞はきちんと使い分けなければいけない」と答えたそうです。
 野口悠紀雄のどの本にあったか忘れてしまいました、少々あいまいですが、

 さて、では、日本語には、冠詞(the, a )にあたるのがないのかといえばそうではありません。

 講談社の英和辞書におもしろいのがありました。整理が悪いものですからその辞書を探し出すことができません。そのままここにコピーしたいのですができません。残念ですが、ぼくの記憶に残っている分にぼくの考えも加えて書きます。

 theの項のコラムにあったものです。

 日本語の助詞「が」「は」が定冠詞「a, the」に相当するというのです。もちろん、ぴったりというわけではないのですが。

 「小鳥が飛んできました。小鳥は枝にとまり鳴き始めました」

 自然な日本語ですね。

 最初の文の主語「小鳥が」は、不特定の小鳥です。はじめて話題にのぼりました。どの小鳥かははっきりしません。どれでもいいから小鳥が飛んできたのです。a bird になりますね。日本語の表現では単数、複数は分からないのでbirdsかもしれません。
 2番目の主語「小鳥は」では、1番目の「小鳥」のことです。つまり、飛んできた小鳥のことですよ、ということです。既出ということです。その場合には助詞の「は」を使います。the bird です。

 文英堂の「くわしい国文法」に

 副助詞「は」
 意味(1)他と区別して、とくに取り出していう意味を示す。
 (例) 私は行きません。


 とあります。まさに定冠詞のtheだと思います。

 もう一つ、桃太郎から

 むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山にしばかりに、おばあさんは川に・・・・

 どうですか、ぼくらはまったく無意識に使っているのですが、助詞の「が」「は」をきれいに使い分けているのです。英語のネイティブの人もこのように無意識にa, the を使い分けているのでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.