FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ニューワールド英和辞典のtheの説明
 講談社のニューワールド英和辞典が見つかりました。終わってあとで見つかることはよくあることです。


 ここにp1344のtheの項からコピーします。前の記事もせっかくなので残しておきます。

the

不定冠詞a,anが名詞を具体化はしているが聞き手に対してはまだ特定のものにならないのに比べ,定冠詞theは,更にそれがさすものを特定のものに限定する.すなわちa,an が,問題のものが聞き手に未知なことを示唆するのに対して,theはなんらかの意味でそれが聞き手に既知であることを示唆する.「既知」の最も明瞭(めいりょう)な一例として,既出のものをさすばあいが考えられる:
I have bought a book and a dictionary.The dictionary is thicker than the book.私は本と辞書を買った.辞書は本より厚い.

theは日本語には訳されないことが多い。ときに「その」と訳すことはできるが,そのばあいの「その」は指でさし示す「その」でなく,すなわち「この」や「あの」に対比する「その」でないのは,ちょうどit の「それ」が「これ」「あれ」に対する「それ」でないのと平行する。ほんとうに直接さし示す「その」は thatである.なおtheはもともとthatと同類の指示詞から進化したもので,thatと密接な関係がある。

主語をなす名詞についたばあい,不定冠詞a,anと定冠詞theの含みが,しばしば日本語ではそれぞれ助詞「が」と「は」であらわされる: A bird came flying. The bird alighted on a twig.
烏が飛んで来た,鳥は小枝にとまった.

しかしこれは絶対のものではない.不定冠詞でも「は」になることがある: A horse is a noble animal. 馬は気品のある動物だ.・・・一方,次のように主語に特に強勢を置いて発音したときには、定冠詞でも「が」になる。The bird ate it.烏がそれを食べたのだ.

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.