FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

エイリアン・ハンド
 「脳と心の地形図」を読みました。なかなかおもしろい本です。



 その中でも一番おもしろかったのが、エイリアン・ハンド」。
 p71~73を引用します。

片手のコントロールかまったくきかない状態を想像できるだろうか? はめたばかりのシャツのボタンを別の手がはずしていったり、スーパーマーケットの棚から欲しくもない品をつかんで、ポケットに入れてしまうのを、ただじっと見ているしかないのだ。恋人を愛撫しようと左手を伸ばしたら、なぜか相手の顔面に右フックを浴びせてしまう。たからといって精神に異常かあるわけではないし、一見するとごく普通の人である。この状態には「両手間の対立((intermanual conflicts)」という無味乾燥な名前がついているが、研究者のあいだでは「エイリアン・ハンド」の呼び名で通っている。

エイリアン・ハンドは、脳二つの領域のどちらか、あるいは両方に損傷を負った人に見られる。

(中略)

ところが半球どうしの連絡がなくなると、この命令系統も遮断される。だから分離脳の人では、抑制メッセージが左右の脳を行き来しない。とはいえ左脳と右脳はそれぞれの役割を熟知しているので、たいていのことは問題なく行なわれる。それでもときどき、すでに左脳が段取りをきちんとつけていることに、支配される側である右脳が口を出そうとすることがある。そうなっても、連絡手段かないと左脳は右脳を止めることができない。こうして左右の脳は、支配権をめぐって争うことになる。

(中略)

エイリアン・ハンドが深刻な暴力を振るうことはめったにない。だが世間の人は、いずれエイリアン・ハンドによる殺人事件が発生し、犯人が「やったのは私じゃない・・・私の手だ」と主張するのではないかと思っている。エイリアン・ハンドを持つ当人も、いつかたいへんなことをしでかす恐怖におびえている。夜寝ているあいだに、自分の右手に絞めころされることを恐れる男性もいるほどだ。



 おもしろいですね。いや、不思議ですね。脳というのは、不思議なものです。

 手が自分の言うことをきかないというのはよくあります。ギターをひいていて、頭ではこのように動かさないといけないと思っていても、手が思うように動かないのです。それはみなさんも経験あるはずです。

 でも、エイリアン・ハンドのようにまったく別の行動を自分の手がするということは考えられないことです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.