FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

教科間の垣根がない授業
 mixiセルフラーニングに書き込んだ文です。
フレネ教育を語り合う


 フレネでは、教科間の垣根がないことを書きましたが、その例が載っています。
 フレネ学校で、学校間通信を書いています。

 

「今こちらでは桜んぼ、桃、梨、アーモンドの花が咲いています。この間、蝶がとんできました。蝶、あり、りす。夕方には、蛙がないています。四月一日から、学校が小鳥の保護区になりました。鶏小舎では、親鶏がひなをかえしました。教室のふ卵器でもひながかえりました。」

「君、鶏小舎って書いてごらん。」と、突然、先生は、九歳のバヴァンサンを指名した。
”Poulailler"
みんなか拍手したので、ヴァンサンは、にこにこしている。このクラスには九歳の子もいれば、十一歳の子もいる。

「教室にはひよこのなき声が、かん高くひびいています。さっとふ卵器の下に、先生の犬が入りこんで、寝そべっているからでしょう。私たちの学校には、デジロという大きな温室があります。その温室におらんだあやめ(グラユール)を植えます。」

ここまできたとき、その先を、J・クロード先生が引きとって、

「私たちは、おらんだあやめを四〇〇株買いました。それには五〇株で九フランと書いてありましたが、店では一二パーセント値引いてくれました。私たちはいくら支払ったでしょう。」
と、算数の問題を挿入した。

普通は子どもたちが、何日もかかって問題を作り、こうした問題はつねに通信文に加えられるものだが、今日は、先生が作った。フレネは、これを生きた数学とよんでいる。

 ※  ※

 まさに垣根のない授業だと思います。
 きゅうにスペルの問題になったり、算数の問題になったり。
 社会においては、教科の垣根はないのですから、すべて総合的に思考できるようにならなければいけないのですね。
 それを学校にいるときから行うのがフレネ教育なのでしょう。

 このような授業を行っていると、
「なぜ、算数を勉強しなければいけないの?」という質問は出てこないと思われます。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.