FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

囲の字表
 小学6年のKさんは,沖縄尚学中学受験を目指して,過去問題を解いています。

 先日,「これも,田の字表で解ける?」と言って持ってきました。

 正確な数字は忘れましたが,
 A:B=2:3, A:C=5:7のとき,A:B:Cはいくらか,というような問題です。

 ぼくは,「これは『囲の字表』でできるよ」と答えました。

 『囲の字表』というのは,ぼくもそのとき思いついた言葉です。3×3の表ですね。

 Kさんも「えっ,『囲の字表』?」とちょっと驚いた表情。

┌──┬───┐──┐
│ ※ │ ※ │ ※ │
├──┼───┤──┤
│ ※ │ ※ │ ※ │
├──┼───┤──┤
│ ※ │ ※ │ ※ │
└──┴───┴──┘

 のような表を作ります。 ※ はブランクです。まったくのスペースにすると表がとてもずれるので,※を入れました。

 それに整理していきます。
A:B=2:3, A:C=5:7 なので
  A   B   C
┌──┬──┐──┐
│ 2 │ 3 │ ※ │
├──┼──┤──┤
│ 5 │ ※ │ 7 │
├──┼──┤──┤
│ ※ │ ※ │ ※ │
└──┴──┴──┘

「Aのところは2,5,2つそろったね。その下に,2と5の最小公倍数を書きなさい。2と5の最小公倍数は?」
・・・「10」
「2対3は,10対いくら?」
・・・「15」
「その15をBの一番下の欄に書きなさい」

「5対7は,10対いくら?」
・・・「14」
「その14をCの下に」

  A   B   C
┌──┬──┐──┐
│ 2 │ 3 │ ※ │
├──┼──┤──┤
│ 5 │ ※ │ 7 │
├──┼──┤──┤
│ 10 │ 15 │ 14 │
└──┴──┴──┘

 はい,この
10:15:14 が答えだよ。
 ちゃんと理解できたようでした。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.