FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

Mike は「ミケ」?
 中学生は期末テスト対策として,教科書準拠の問題集を解いています。

 間違い直しでAさんが習いにやってきました。
 英文和訳です。

 見ると,Mike を「ミケ」と訳していて×になっているんです。

 Mike は確かに「ミケ」とも読みます。しかし,それでは×になってもしようがないですね。

 ぼくは,彼の問題集の余白に
 like と書き,
 「何と読む」と尋ねました。
・・・・「ライク」
「そうだね。likeはライクと発音するね。そのlがMに代わっただけだよ。likeをライクと発音したように,Mikeを発音してごらん」
・・・・「マイクだ」

 Mike を「ミケ」と読んで間違えている生徒が次々とやってきます。ほとんどは上の方法ですぐ分かってくれました。

 Mくんがやってきました。
 ぼくは,like と書き,「何と読む」と尋ねました。
・・・・「???? リケかな?」
「それじゃあ,I like cats. は?」
・・・「あっ,ライクだ」
「そう,likeはライクだよ。しっかり頭に残しておいて,
 likeのlをMに代えるよ。Mike は何て読む?」
・・・「ムライクかな?」
「んんん,like はライクだったね。発音する通りに書くと,laik だ。lをMに代えるよ。Maik 。読んでごらん」
・・・・「マイクだ!!」
これにて一件落着!!!

 子どもたちにきたえられています。いまチェック係りに,どのくらいの割合でMikeを「ミケ」と読んでいるか尋ねると,「かなり」と答え,「マイクと書いた子は一人いたかな?」と言っていました。

 それにしても
 「私は猫を飼っています。猫の名前はミケです」を英語で書くときに,「ミケ」をどう書けばいいでしょうね。Mikeと書いたのでは,
「私は猫を飼っています。猫の名前はマイクです」と読んでしまうでしょう。

 どうしても「ミケ」と読ませたいときは,Miket とすれば近い発音になるのかなあ。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.