FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

心の距離が縮まる、実際の距離が縮まる
 「心の距離が縮まる」という表現がありますね。心理的な距離を言います。親しくなって心が通い合うと、心の距離が縮まるのです。

 だから、「近くて遠い」、逆に「遠くて近い」という表現も出てきます。実際の物理的距離は近いのだけれでも、どうも心が通わないというとき、「近くて遠い」という言い方をします。

 インターネットによって、地球が小さくなった、という言い方をすることもあります。地球の裏側にいる人ともすぐに連絡がとれるようになったために、地球が小さくなったという表現をするのです。
 でも、これも実際に物理的に地球が小さくなったわけではありません。

 しかし、相対性理論では、実際に、物理的にものが縮むのです。距離が縮むのです。光の速さに近い速さで進むと、まわりのものが縮むのです。

 そこで、また話を考えました。

 与次郎くんとよし子さんはつきあって半年になりました。このところ心の距離が急速に縮まってきました。デートをしている時間はあっという間にすぎていきます。

 さて、きょうは6時にデートの約束をしています。しかし、部長との話が長引いてしまいました。もう5時35分になっています。5時に終わって、自転車でゆっくりデート場所の喫茶店に向かっても間に合うつもりでした。会社からその喫茶店までは自転車で30分はかかります。どうしても5分は遅刻しそうです。携帯電話にかけても通じません。

 しかたありません。自転車に飛び乗り、ペダルを懸命にこぎました。心の距離は縮んできたのだから、喫茶店までの距離も縮めばいいのになあ、と空想しながらこぎました。
 スピードがあがってきました。するとどうでしょう。まわりの風景が縮んで見えるのです。歩いている人はみんな細くなっています。いつもみる花屋の太った店員もきょうはスリムです。お店も車も縮んでいます。道も縮んでいます。いつもと同じようなスピードで走っているつもりなのですが、どんどん先に進めるのです。

 やっと喫茶店に到着です。時計を見ると6時2分前。間に合いました。距離が縮んだために速く着くことができたのです。


 これはまったくのフィクションです。しかし、光速に近いロケットに乗っていると、まわりの空間が縮まって、早く到着することがあるそうです。

 ミューオンという粒子の寿命は100万分の2秒程度。地球の大気にぶつかったときに宇宙線の粒子から生まれます。地上までは数百~数十kmあります。光速の99%の速さで進むことができますが、計算上はとうてい地上に到達できません。しかし、地上に到達していることが分かっているそうです。
 ミューオンが光速に近い速度で進むので、空間が縮むからなのですね。(ニュートン 相対性理論)
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.