FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

泡瀬 パヤオ直売店
 勝連城跡を見学してあと、途中の店でキャベツ(2個200円)とへちま(200円)を購入。

 そして、沖縄市の「泡瀬 パヤオ直売店」で、昼食。ここはけっこう知られているところだそうです。泡瀬の漁港でとれた魚介類をすぐに調理して出すとのこと。妻は友人と以前にきたことがあるとのこと。

 パヤオ定食2200円、てんぷら定食800円をいただきました。ぼくはよくその店の名前のついた定食を食べます。その店の名前をつけるのですから、自信のある料理ではないかと思うからです。

 ただ、2200円は高いな、量が多いのだろうな、食べきれるかな、どうしようかと少々迷いましたが、それに決めました。その分妻は安いもの。どうせ二人で分け合って食べるのですから、それでいいのです。

 2200円と高いのは伊勢エビをうにをつけて焼いたからです。とてもおいしいものでした。高いのですが、経験してよかった。
 てんぷら定食のてんぷらは沖縄らしい、あらっぽいものでした。

 繁盛していて、いっぱいです。
 ぼくらの席も相席になりました。隣に座った男女はどうも英語で話しています。

 妻が残ったものを持参したタッパーに詰め込んでいると、隣の若い人が「いい考えですね」と声をかけました。「次から私もそうしよう」と。

 ぼくが「どちらからですか?」と尋ねると、女性は「私は沖縄市です。上司がカナダから来て・・・」
 男性はアジア系の顔をしていましたが、カナダからだったのです。

 ぼくらの席と離れているところでは、魚の解体も見せているようで、多くの人が集まっていました。

 壁もないとなりでは、市場になっていて魚介類や野菜類も販売されています。

payao1.jpg
payao2.jpg
payao3.jpg

パヤオ直売店 (定食・食堂 / 沖縄市)
★★★★ 4.0



関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.