FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

パソコンは独学でやりました
 mixi友だちのEjさんからメッセージをいただきました。

ボクはこの9月と10月に、Wordを10回とフォトショップを8回パソコン教室に習いに行って、それで地図作りやブログ作りができるようになったんですけど、Yojiさんは問題集の原稿などをパソコンで作られたりされてるんですよね?
パソコン教室などに行かれたりしたんですか?独学なんですか?


 回答です。

 独学です。教室には通っていません。どうしようもないときに,知人や兄に電話をかけたことが数回はあります。

 他人に教えてもらうより,自分で学んだ方が気が楽だからです。

 でも,パソコンの独学はとても大変でした。セルフラーニングのできるいい教材があればいいのですが,ぼくの知っている限りありませんね。
 あっちにぶつかり,こっちにぶつかりで,イライラしながらなんとかここまでやってきました。「カーナビとけんか」に書きましたが,ぼくも最初のころはパソコンとけんかしているようなものでした。



 だから,普段はセルフラーニングをすすめているぼくですが,パソコンは教室に通った方がいいよ,と他人には言っています。

 ただ,ぼくはパソコンに入る前にワープロをやっていました。いまはパソコンの機能のひとつとしてワードや一太郎などのワープロ機能がありますね。以前はワープロ専用機がありました。若い人は知らないかな。

 あれは,やさしかったです。「やさしい」は,易しくもあり,優しくもあるということです。
 例えばキーボードは日本語で書かれています。「一字抹消」「後退」など。PCのDelete, Backspace にあたるものです。

 それを何年もつかっていて,ワープロ「書院」で学習書も作っていました。図形も描いていました。だから,PCを使い始めることには,ワープロはなれていました。入門は終わっていたというところですね。

 だから,なんとかPCを独学でできるようになったと思います。

 パソコンは,いろいろできます。多機能です。そういう意味ではワープロよりも上です。しかし,専用機には専用機のよさがあります。

 もう亡くなったのですが,ぼくの叔父はワープロを使っていました。しかし,それが壊れて,しかたなくパソコンに買い換えました。それはうまく使いこなせなかったようです。よくわかります。ワープロからパソコンへの道はかなり遠いのです。

 作家の酒井順子さんの本に,ワープロ専用機を大事に使っているとあったように思います。どうなったでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.