FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

親は最悪の教師
私は日ごろ

 親は最悪の教師である

 と言っています。なぜか。

 まず,親と子どもは感情的に密着しすぎるのです。
 たとえば教師としては学校で子どもにとてもやさしいのに,家に帰って子どもの勉強を指導すると,鬼のようになる人もいます。自分の子どものことになると,感情を殺すことができない。

 次に,子どもは子どもで甘えるのです。他人に対しては遠慮というものもありますが,親に対してはそれがない。だから,わがままが出るのです。いうことをきかない,だから親は叱る,しかると,ふくれる,それの悪循環。

 最後に,時間的に親はなかなか子どもの勉強のために時間をとってあげることができない。家庭教師や塾だとお金での契約であり,その時間は仕事でもあるので,きちんきちんと時間を守って勉強を見てあげる。
 しかし,親だと,家事をみながら,ということになる。また,来客があったり,いろいろな用事があったり。お金がからんでいないので,子どもの勉強は「きょうはやめようね」ということになる。

 ただ,それを乗り越えると,親は「最良の教師」になれます。なぜなら,子どものことを思っている,愛しているのは親だからです。一所懸命にできるのですね。他人より。

 ただただやると「最悪の教師」になってしまう,ということをきちんと自覚しなければ,親にとっても子どもにとっても地獄ですよ。 !」





関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.