FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

2人が県立読谷高校推薦入学内定
29日、金曜、県立読谷高校の推薦入学内定の通知が学校に届けられたそうです。セルフ塾の新垣 Shoya くんと村吉Taikiくんが合格しました。今年も、幸先のよいスタートです。
suisengoukaku.jpg

二人には、「セルフ塾で学んでというテーマで作文を書いてもらいました。



セルフ塾で学んだ基礎の大切さ・・・新垣 Shoya

  僕がセルフ塾で学んだことは、基礎の大切さです。すべての教科の基礎がしっかりしていて、学校のよりも基礎が身についていたと思います。

 特に良かった教材は、数学です。理由は、基礎がしっかりしていたことです。でも、そのあとに学校より難しい応用問題があり、混乱しました。しかし、その時に庸次さんの「田の字表」がとても役に立ったと思います。

 一番好きだった教科は、英語です。英語はとてもわかりやすく楽しかったので、みんなが苦に思っている英語も僕には楽でした。

 忍者の京子さんの「喝」が一番怖かった思い出です。そのおかげで勉強に集中できたのでよかったです。でも最後までぼくのお喋り癖はなかなか治りませんでした。でも、集中して勉強する大切さを学びました。いろいろなことを学んだはセルフ塾には、とても感謝しています。

 友達に「どこの塾塾だった?」と聞かれても、堂々と「セルフ塾だったよ」と答えることができます。
僕がセルフ塾で学んだ3年間は、とても短く、楽しく有意義な3年間だったと思います。




1年英語の基礎をやって3年の英語も少しずつ分かるように・・・村吉Taiki

 僕は、セルフ塾に入って半年になります。
 セルフ塾は基礎から徹底的にやっていく塾で、入った時にもらった英語の本は中学一年生のものでした。最初中学1年の本をもらった時にはとってもびっくりし、これで英語の点数は良くなるのだろうか、授業についていけるのだろうかと、とても心配になりました。でもを.1年の基礎をやっていくと、3年の英語でも少しずつ問題が解けるようになり、点数も少しずつあがっていきました。基礎をちゃんとやることは、とても-う大事なことということがわかりました。

  セルフ塾は名前の通り、全部自分でやるという結構厳しいところです。でも、自分一人でやることができ、短時間でとっても集中でき、とても頭に入ります。

その日のノルマを達成できないと、帰れないので、早く帰りたい時は早く塾に行き、自分のペースですることができます。それで自分の苦手なところや自分の分からないところなどをを徹底的にできるので、自分の苦手なところを減らせるので、テストでもいい点数をとれるようになりました。

 セルフ塾に入って勉強のやり方も知ることができ、とてもいい塾だなと思いました。中学一年生から入っていたら、もっと楽に高校に入れたかなと思いました。






関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.