FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

特殊とは?、一般とは?
  相対性理論には、特殊相対性理論と、一般相対性理論があります。この「特殊」、「一般」とはどういう意味でしょうか。

辞書で調べてみました。

いっ‐ぱん【一般】 [名・形動]
1 広く全体に共通して認められ、行き渡っていること。また、そのさま。全般。「―の傾向」「―に景気が悪い」

とく‐しゅ【特殊】 [名・形動]
3 限られた範囲のものにしかあてはまらないこと。また、そのさま。「―な原理」⇔普遍。
[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]


これではよく理解できませんね。それで何かいい例えはないかと探してみました。妻と話していると、「それなら三角形がいいんじゃない?」と妻がいうので、なかなかなかいい考えだと思いました。
 それで、三角形を例に説明してみます。

 三つの角のある閉じた図形を「三角形」といいます。角が三つあれば三角形なのです。三つの線分に囲まれた図形と言ってもいいですね。

 それに対して、直角三角形,二等辺三角形、直角二等辺三角形、正三角形というものがあります。これらの三角形は、ただ角が三つあればいいというものではありません。直角三角形の場合には、三つの角のうち一つの角が直角でなければいけません。つまり、特殊な三角形なのです。

 二等辺三角形も、単に三角形であればいいというだけではなく、二つの辺が等しいという条件を満たさなければいけません。そういう意味で特殊な三角形です。
 直角二等辺三角形や正三角形はさらに特殊な三角形と言えるでしょう。

 ただ単に「三角形」という場合には、角が三つあればいいのです。そういうのは一般的な三角形と言えます。それに対して二等辺三角形、二等辺三角形などは特殊な三角形なのです。

  辞書にあった、「特殊=ある限られた範囲にしかあてはまらない」というのはそういう意味です。それに対して一般は「広く全体に共通して認められる」という意味でしたが、すべての三角形に共通するものという意味になります。

 「特殊」と「一般」の意味の違いが少しは理解していただけたと思います。

 では、相対性理論の「特殊」と「一般」の違いは何でしょうか。

 特殊相対性理論では、運動する物体について考えますが、その運動は、等速直線運動であるということです。

 等速直線運動の範囲でしか適用できないものですから、特殊相対性理論というのです。
等速直線運動というのは、そのまま字の通りで等しい速度で真っすぐ動く運動のことです。

 それに対して、一般相対性理論というのはその範囲に限らないいうことです。
 等速ではない、つまり速くなったり遅くなったりする運動も含むのです。また、直線運動だけではなく、曲がったりする運動も含みです。加速度運動にも適用されるということです。

 だから、かなり適用範囲が広がってきます。その分、とても難しくなります。特殊相対性理論は、一般相対性理論よりもかなりやさしいのです。

 

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.