FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

時差は,時計を描きなさい
 高校受験の予想問題(社会)で次のような問題が出ました。

 日本時間午後5時に成田空港を出発した飛行機が,11時間かけてアメリカのロサンゼルスに到着した。日本とアメリカ西海岸との時差が17時間であるとすると,ロサンゼルスへの到着は現地時間で何時か。午前か午後かも記入し,時刻を答えなさい。


 ほとんどの生徒ができません。

 ぼくは,時計の絵を描きなさい。
 と指示しました。
tokei.jpeg

 この図は,イラスト集から借りたものなので,ていねいに細かい目もりもついていますが,簡単に数字が書かれていればいいです。
 その図を描くのに時間はかかりません。

 それを見ながら,時間を追います。

 出発したのが,日本時間で午後5時。11時間かかったのだから,到着したのは日本時間で何時?

 目もりをみながら,1,2,3・・・・11 と数えると,午前4時ということが分かります。この場合は,時計の針の動きの向きです。

 日本は,もっとも時間の早い国と思って,間違いない。だから,他の国に行くときは,時間をさかのぼるんだよ。日本とロサンゼルスの時差は17時間だから,午前4時から17時間後戻りしてごらん。

 そこで,時計の数字を指で追いながら,1,2,3・・・とすると17で,前日の午前11時だということが分かります。

 計算方法を教えるよりも,アナログ時計の絵を描いて,考えた方が理解しやすいので,間違いが少なくなります。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.