FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

nite で「おやすみ」
 先日、NHK BS2 海外ドラマ「第一容疑者 希望のかけら」を見ていました。

NHK BS2 海外ドラマ「第一容疑者 希望のかけら」

 ジェーン・テニスン警視の携帯電話に、ある少女(あとで犯人だとわかる)からメールが届きます。
 それに、警視が返信しました。そこに書かれていたのが、

 nite



その日本語訳が「おやすみ」でした。(一瞬だけ画面に出ていただけなので、見間違いの可能性もありますが)

 ぼくは、びっくりしました。
 ぼくの知っている「おやすみ」は、 Good night.

また、Night. と略するまでは知っていました。

 しかし、その night が nite になるとは。

 nite は、そのまま[nait(ナイト)]と読めます。数えてみると、一文字だけではありますが、少なくなっている。

 「nite おやすみ」で検索すると、次のページがありました。

http://www.hmx-12.net/~virgil7/netEchat/greet.htm

good night, night, g'night, gnite, nite
nite nite
「おやすみ」一番上が正式。ほかは、まあ 「おやー」のようなもの。
nite は night を発音どおりいいかげんにつづったもの。英語圏の人も英語の発音と綴りが一致していないことはわかっている



 マクドナルドなどのファーストフードの表示に、DRIVE THRU とあります。 正式には、DRIVE THROUGH でしょう。かなり簡単になっています。そして、DRIVE THRU で十分に読むことができます。

 電話(phone)を fone と書くのも見たことがあるように思います。


 英語は発音通りに書くと、もっと簡単に書くことができるのがたくさんあります。
 enough も簡単に書けそう。

 若い子の携帯でのメールは、言葉がとても短縮されています。「明けましておめでとうございます」が「あけおめ」になる。
 省力化ですね。(でも、わざわざとても面倒なことをして遊んでいる文もありますが)
 このようなことが日本語を変えつつあります。変わっていくでしょう。みんなが使うとそれが正式の日本語になります。「ら抜き言葉」も認められてきています。

 night が nite になるように、携帯メールが、英語の綴りも変えてしまうのかもしれないな、と思いました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.