FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中学3年生が紹介するセルフ塾の教科(2)

 セルフ塾の教科について、中学3年生に紹介してもらいました。



「力がついたんだな」と実感・・・国文法 Ayaka

 私はセルフ塾の国語について紹介します。セルフ塾の国語は二つあって「くもん」と「国文法」です。

 「くもん」は詩、小説、説明文、漢文、俳句など、学校の教科書で習うものがはいっていて、やっていくうちに力がつきます。

 国文法は名前の通りで国文法がはいっています。私は国語が教科の中で一番好きですが、文法がとても苦手で、学校で習ってもぜんぜんわかりませんでした。国文法をわたされた時は、正直やりたくありませんでした。しかし、やってみると驚くほど簡単にできました。内容がとてもわかりやすく書いてあって、どんどん解けるので、「こんなに簡単で力がついているのかな」と思わず疑ってしまいました。しかし、学校で習ってもわからなかった「助詞と助動詞の違い」がしっかりわかるようになっていたので、「力がついたんだな」と実感できました。

 この二つの教材をやっていくうちに、国語力がかなりつくと私は思います。



数学を解く楽しさを味わう Yuka

 私は、中学三年生になって受験生となり、初めて塾というものに入りました。私が塾に入ってとてもよかったと思えることは、苦手だった数学、嫌いだった数学が、私の塾でつくられた数学の教材に出会うことにより、数学を解く楽しさを味わうことができたことです。

 私は中学生になって、数学がとても苦手になり、前向きに問題にも取り組むことができず、テストでいつも数学が足を引っ張っていました。そんな時、セルフ塾の数学の教材と出会い、少しずつ問題を解くことにより、自分の頭の中で試行錯誤し、答えを導きだすという楽しさ、そして基礎の大切さを改めて感じさせられました。

 今では、難しい問題も、最初からすぐにできないと思わず、まずは解いてみる、考えてみるという数学に対しての考え方が前向きになってきたと、自分ではすごく感じます。私はぜひ、数学が苦手だと思う人にこの教材をまず手に取ってほしいと思いました。




中学1年の基礎さえ間違え、ショック Wakaho

 私が、セルフ塾に入り教材を使い始めたのは、中学3年の二学期でした。私は全部の教科三年生からスタートすると思っていましたが、初めてもらった教材は中学英語一年生のものでした。正直私は「これで大丈夫なのかな、授業についていけるのかな」と不安でした。でも、その教材を使い始めると中学一年生の教材で基礎ばかりでしたが、その基礎さえ私は間違いが多く、少しショックでした。でも、先生方はわからないところを詳しく教えてくれ、少し英語が楽しくなりました。

 なので、学年は関係なく中学一年生の英語から始めていくことで、基礎をしっかりと学ぶことができることを知りました。また基礎から始めていくことで 入試の最後の問題の英作文でも簡単に作れるようになり、本当にセルフ塾の教材に出会うことができてよかったです。



受験が終わったら、本を読みたい Ryota

 私は読書が好きだ。だから、セルフ塾で読書という教科があると知った時は、それをすること楽しみにしていた。

 確かに、本を読むのは楽しいのだが、線を引くということはあまり楽しくなかった。大切なところ、というのがよくわからなかったからである。推理小説や民話、ショートショートなど、本の種類によって線の引き方が違うのもあったかもしれない。

 しかし、何度もすれば自ずと慣れるもので、3年になってからは、自分で本も希望して読んだりもした。今では受験勉強が主で読書をしていないが、塾で学んだ大切な部分を見つけるということを実行するために、受験が終わった後、本を買い、時間をかけてじっくり読もうと思う。


 
漢字を脳に記憶させることができた Yosuke

 僕は、セルフ塾の語句という教科について書きます。語句という教科では、漢字、英単語、意味調べがあります。

 漢字と英単語は、辞書からその単語を引いて、その意味や読み方を書いて、それを10回書きます。それをすることで、英単語の意味がわかるようになり、長文読解や英作文で非常に生かされていきます。

 意味調べでは、本に書いてある漢字を辞書から引き、辞書に書いてある筆順通りに漢字を書き、音読みや訓読みを書き、その漢字を6回書いて、その漢字が使われている文章に、読みがなをつけて、京子さんに提出します。そして、次にやるときは、間違い直しをして、その勉強をした漢字の筆順をテストして、終わりという流れです。

 意味調べでは、漢字を必ず脳に記憶させることができて、とっても良い勉強方法だと思いました。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.