FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ねこの三四郎、ハブにかまれる
 ねこの三四郎がハブにかまれました。
 今朝、10:20ごろバイクで塾に行きました。すると、庭に三四郎をがいます。みると、顔がまん丸に膨らんでいます。ハブにやられたのです。このように顔がまん丸にふくれるの何度も見てきました。
 「三四郎」と呼んで近づくと、三四郎は逃げていきます。いつもは、僕が名前を呼ぶとごろんと横になって「抱いて」という感じにします。今日はやはり感じが違います。追いかけると、逃げて行き、やぶの中に入りました。でも、すぐ見えるところです。名前を呼んでも弱々しく鳴くだけで出てきません。それで、僕がやぶの中にはいっていくと、そのままだかれました。そぐに、塾につ連れて帰りました。

 実は、三四郎は昨日1日中帰って来ていません。きのう夕方、犬の梅子と一緒に散歩に出かけたときに、三四郎を見かけています。梅子が大きな声でほえるので、行ってみると三四郎に向って吠えているのです。あまりないことです。
 「三四郎」と呼びながら近づいて行くと、三四郎はものすごい勢いで逃げて行きました。暗くもあるし、あまり近づいてないので顔も見ていませんでした。今考えると、梅子は三四郎の顔がいつもと違うので、それでほえたのでしょう。それでも、姿は見ていたので1日帰ってこなくても、心配ではありませんでした。たまにあることなのです。

 猫はハブにかまれても意外に大丈夫なのです。これまでもハブにかまれて顔がパンパンに張れたことが何度もあります。三四郎も以前にかまれたことがあります。でも大丈夫でした。

 今朝、三四郎を見た時も大丈夫だとは思ったのですが、大事を取って動物病院に連れて行きました。先生は、中度の症状だとおっしゃいました。そして血液検査をして脱水症状を起こしていて、腎臓の機能が低下していることでした。入院させて、点滴を行った方がいいとのことでした。

 検査の間、僕が待合室で待っていると、心配そうな、三四郎の鳴き声が聞こえました。それで、先生に、家に連れて帰って様子を見てみたいのだがと提案したのですが、やはり点滴はどうしても必要だということなのでそうすることにしました。三四郎にはしばらく我慢してもらいましょう。

sansiro_20100318005819.jpg


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.