FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

、「ピカソと20世紀美術の巨匠たち」
 きょうは、浦添市美術館に行き、「ピカソと20世紀美術の巨匠たち」を鑑賞してきました。次の記述は浦添市美術館のホームページからです。

浦添市美術館開館20周年記念
・ルートヴィヒ美術館所蔵・ ・・ピカソと20世紀美術の巨匠たち
ピカソやマティス、ウォーホルなど、20世紀美術を代表する巨匠たち41名の作品、60点を紹介します。沖縄では西洋現代絵画を鑑賞する機会はなかなかなく、当美術館でも西洋絵画は12年ぶりの展示。この機会にぜひ、20世紀最高の感性と知性の結晶であるアートの魅力をご堪能下さい。


よかったです。ピカソという名前のせいか、とてもいいように感じました。あれだけいいと言われていると、先入観が入りますよね。でも、うまく言えませんが、たしかに何か感じるものがあります。「剣を持つ銃士」は特に印象に残っています。また、ピカソによるマネの『草の上の昼食』の変奏は、もとの絵ともうまったく違っていて、おもしろかったです。
 上がマネの「草上の昼食」、下がピカソによるもの。似ていますか?
soujounochuushokunane.jpg
soujounochuushoku.jpg


 でも、正直なところを言うと、途中からはとても眠くなり、絵画鑑賞どころではなかったです。
 その直前に、沖縄ソーキそばをの大きいもの食べておなかがいっぱいだったのです。そして今朝は、入塾受け付けがありいつもより 1時間以上も早く起きたのです。そのうえ、いつも昼食後3時から4時ごろまでは昼寝をとっています。この三つが重なってかなり眠気がきつかったです。

 それで、妻より先に駐車場に戻り、車の中で仮眠をとりました。そのために、いつもは必ず写す「やってきた」証拠写真を撮ることができませんでした。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.