FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ねこの三四郎、退院
 ご心配をおかけしました。「三四郎大丈夫?」という声も寄せられました。ありがとうございます。
今朝は、無事に退院することができました。
ねこの三四郎、ハブにかまれる

 朝、11時ごろ動物病院から電話がありました。三四郎が食事をとるようになったからもう退院させてもいいとのこと。京子が動物病院に行き、三四郎を連れて帰りました。
 昨日、面会に行った時には、とても元気がなかったようですが、今日は京子が行くといつものような声で鳴いていたとのこと。三四郎は普段からけだるそうな声で鳴くのですが、そのような声で、鳴いていたそうです。

 帰って来たとき、顔はまだだいぶはれていました。頭には、ハブの歯形がしっかり残っています。

 ねこの比叡と三四郎の仲は悪いので、時々喧嘩をします。今、比叡にけんかを売られたら、それを受けて立つ元気はないだろうと思い、ケージに入れておくことにしました。しかし、三四郎はそれがまったく気に入らないようです。いらついています。そして、中に入れておいたえさや水の皿をひっくり返し、砂場のボール箱も引きちぎっていました。かわいそうだけれども、仕方ないと思い、そのまましていたら、そのうちに静かになりました。

 昼食から帰ってみると、静かに寝ていました。でも、僕が帰って来たのを感じると、また鳴きはじめました。
 裏の事務所の窓やドアを全部閉めて、三四郎を中に入れました。いつもそこによくいるのです。僕が昼寝をするリクライニングチェアーに三四郎が寝てしまいました。いつもの場所で、リラックスしているようです。僕は仕方がないので床の方にゴザを敷いて昼寝をしました。

 三四郎は、その後もそのままずっと昼寝をつづけました。夜7時ごろのぞいてみると、何か食べたそうに皿のそばにやってきました。ミルクを入れてあげるとよく飲みました。そしてドライフードをいれるとかなり食べています。もう大丈夫だと思います。そして外に出たがるのでドアを開けると、ゆっくり出て行きました。トイレに行ったのでしょう。

 10:30になっていつものように猫の食事を準備していると、ドアの外で三四郎が鳴きます。僕はとてもうれしくなりました。もすっかりもとの三四郎です。

sansiroato.jpg


 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.