FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

導入が大切
 東京のO様からメールをいただきました。ありがとうございます。

仲松様

(前略)

1年生テキストの件、了解しました。たしかに自力で読んで、自力で答えるという学習は、1年生には難度が高そうですね。現在、私も4月に小学生となる女の子を一人担当しています。数の概念(と呼んでいいのか・・・)を把握させ、足し算あたりまでやっていますが、やはり大変です。本人が非常に楽しそうに来塾してくれるのが救いですね。

この仕事をしていて痛切に感じるのはあらゆる分野の「導入」をいかに為すか、です。これが本当に難しい。仲松さんのテキストを拝見させていただいて、少しヒントも見えてきましたが、まだまだ道半ばです。特に世間が言うところの「LD・ADHD」という特性を持った子ども達にどうやって教えるのか。時間をかけて考えていきたいです。

三四郎さん、退院おめでとうございます。本州に住んでいるとハブ毒というものは非常に致死性の高いもの、という認識があります。ネコはなぜ平気なんでしょうか・・・


導入部分はとても大切だと僕も思っています。僕は、故遠山啓先生の「水道方式」を参考にして生徒に教えていますし、テキストも作りました。

 「水道方式」では、なぜそうなるのか、という「わかる」ことをとても重視した教え方をします。だから、導入部分はとても丁寧に行っています。
 僕のテキストは、その水道方式を自分でも学べるセルフラーニング方式に変えただけといってもいいくらいです。水道方式についてはこのブログでもを書いていますので参考にしてください。ブログ内検索で「水道方式」を検索してみてください。

水道方式とは
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.