FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ねこはなぜハブの毒で死なないのか?
東京のO様のメールに

三四郎さん、退院おめでとうございます。本州に住んでいるとハブ毒というものは非常に致死性の高いもの、という認識があります。ネコはなぜ平気なんでしょうか・・・


 とあったので、ここに記事を別にして書きます。僕は、専門家ではないので、動物病院のお医者さんから聞いた知識とぼくの個人的な意見を書くだけです。

 ハブの毒はとても致死性の高いものです。とても恐ろしいです。ハブにかまれて死ぬ人が年に何人もいます。
 ただ、ハブはとても臆病な動物です。いつも草むらに隠れています。それをとらえようとした人がかまれるということが多いようです。ハブは高い値段で売れるので、生きたまま捕まえようとする人がいるのです。

 ハブもちゃんとした生き物ですから、生きる権利があります。だから、僕は散歩のときに出会うハブは逃がすようにしています。ただ、敷地内で見かけたときは、危険ですから殺します。子どもたちが咬まれたら大変です。生きたままつかまえるのではなく、棒を使って殺すということは比較的簡単にできます。

 猫は基本的にハブよりも強いようです。だから、猫はハブをつかまえようとするのです。ねずみをいたぶることがありますね。そんな感じのときもあります。または殺そうとします。それでハブに向かっていくのです。

 ハブに向かっていくのですから、頭が先になります。そしてちょっとしたすきを狙われて頭をかまれてしまうのでしょう。頭には頭がい骨があますね。だから頭をかまれても歯はそれほど中に入らないのです。だからハブの毒が量的にそれほど入らないですむようです。

 かまれる場所が頭ではなくおなかだったりすることがあります。その時は大変です。死ぬことが多いですね。僕の飼っている猫がかまれて死んでしまったことが何度もあります。

 犬は猫のようにハブに向かうのではなく、吠えながらまわりをぐるぐる回るのだそうです。それで頭をかまれるのではなく、おなかあたりをかまれることが多いとも聞きました。塾で飼っている梅子も幼い時にハブにやられたことがあります。

 ただ、人間は少量の毒で死んでしまうこともあるようです。それに比べると猫は頭をかまれて少ししか毒が入らないにしても生き続けることが多いです。毒に対する耐性が人間よりは強いかもしれないと僕は推理しています。

 ハブは臆病な動物です、と書きましたが、最近、台湾から獰猛な省がはいってきて帰化している、という噂を聞きました。それが本当なら恐ろしいことです。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.