FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

もっと前を開けて
 生徒が教材を持って習いに来ます。ぼくは,参考ページを開かせるために,
「もっと前を開けて」と言います。すると,逆に後ろをめくる生徒が少なくありません。

「なぜ,逆を開けるんだよ。前を開けるんだよ。戻るんだよ」と言って,
「本の前というのはね,ここなんだよ」と,説明を付け加えます。

 前半,後半というのがあるのですから,ページ数の若い方が前になるのですね。この「若い」というのも通じないので困ることがあります。それは置いて。

 「なぜ,『前に』と言って,逆に行くのかな?」と妻に言うと,
 「たぶん,こうだからよ」と説明下のが,次。

 子どもたちは,「前」というのは,自分が向かっている方向を指すと思っています。もちろん間違えていません。顔のある方が前です。そして,「前へ進め」というときは,「先に進め」という意味です。これも間違えていません。
 だから,本でもこれから読もうとするところが「前」になるのです。これから進もうとするページだからページ数の大きいところが「前」になるのですね。

 それで,「もっと前を開けて」と指示されたら,「先に進め」と解釈して,後ろの方を開けるのですね。なるほど。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.