FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

発音もパーフェクト主義に陥らずに
  先のコメントの続きに,発音について書いてありました。

 それと、以前このような記事を見かけましたが

『 「日本人英語でいいんだ」と居直ることです。

 インド人はインドなまりの英語を使います。フランス人はフランスなまり。方言があるように英語もいろいろです。日本人は日本人英語でもいいのです。完璧にアメリカ,イギリス人のような発音,アクセントでなければ通じないというものではありません。

 日本人のカタカナ発音で構いません。ただし,アクセントには,気をつける必要があります。日本語にはアクセントがほとんどないので,大げさなくらいアクセントをつけましょう。

 それでもまったく完璧な英語を使う必要はないのです。日本人は日本人英語でいいんだ,と居直ると英語はけっこう話せるようになるものです。

 ぼくは日本人英語で通していますが,けっこう通じています。』



これについて少し疑問があったので書かせていただきます。

そのインド英語やフランス英語は英語の音に似ていますが、日本語はそれらの発音とは全く異なっていると感じます。

「日本人英語」と定義しているものがどれほどのレベルであるかはわかりませんが、カタカナ発音だと相手に何が言いたいかをまず理解してもらうことが必要になりスムーズなコミにケーションができないのではないでしょうか。

まあこれは私なりの考えです。他にも書きたいことがあったのですが長ったらしくなりそうですしやめておきます。すいません



 これについては,誤解を与えたかもしれません。
 ぼくがあの記事で書きたかったことは,「パーフェクト主義に陥るな」ということでした。確かに,カタカナ発音では通じないこともあります。できるだけ,ネイティブの発音に近づける努力は必要です。その点はご指摘の通りです。

 例えば,look を「ルック(rukku)」と発音したのでは通じないと思います。lの発音は舌を上の歯茎につけて,[k]は,[ク(ku)]ではないよ。「u」はないんだよ,ということは大切ですね。
 
 だから,そのような発音の練習は必要です。でも,それが完全にできなければ通じないということはありません。
 
 英語の発音は,70点くらいでいいのです。70点から100点にあげるのには,並々ならぬ努力が必要です。そういう努力をするのなら,単語をできるだけ覚えることに費やした方がいいと思っています。単語が分からなければ,話せないことがありますからね。

 英語の[e]は,日本語の[エ]とはまったく違うそうです。eggと[エッグ]はまったく違うのだそうです。ぼくは,その[e]を練習しましたが,うまくできませんでした。
 でも,[エッグ]で通じます。この英語の[e]をきれいに発音するのに時間をかけるのはかなり英語が上手になってからでいいと思っています。

 何の本で読んだか覚えていませんが・・
 英会話教室に通って,英会話を練習しました。初めに交わす,あいさつ言葉を何度も何度も練習に,完璧に近い英語の発音ができるようになりました。
 そして,実践。最初のあいさつはパーフェクトにできました。すると,そこにいたネイティブの人は,この人は英語が上手だ,と思ったのでしょう。ものすごい速さ(ネイティブには通常の速さ)の英語で話しかけてきたのです。
 あいさつ英語しか練習していないその人は,沈黙を守るしかなかったとか。

 それよりも,最初はたどたどしい英語でいいのです。すると,相手は,この人は英語はあまり上手ではないな,と気を遣って,ゆっくりした英語で話しかけてくれます。

 なお,インド人,フランス人のなまりはかなりひどいです。それに比べると,中学,高校を出た日本人の方が,英語の発音は上手ではないかと思っています。これは主観的ですが。


コメント,メールのブログ掲載について

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/03/25/Thu 18:15[EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/03/25/Thu 18:13[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.