FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

まい晩、身なげをするやつは、おまえだろう・・・何がわからないのかわからない
 中2のN君は読書として「日本のわらい話」を読んでいます。


 その中に「身なげ」という短い話があります。わずか2ページの話です。

 両国橋で毎晩のように身投げがあります。番人が見張りをします。すると
 

 あやしい人影があらわれて、橋のらんかんを、くぐろうとします。
 それっとばかり、番人は走り寄り、うしろから、むんずと、かかえこんでいいました。
「やいやい。まい晩、身なげをするやつは、おまえだろう。」

 さて、この話しの面白いところがNくんには全く分からないようです。
「これは笑い話なんだけども,この話しのどこが笑えるところなの?説明してごらん」
 と僕は問いかけました。

 適当に答えているうちに,この「毎晩身投げをする奴はお前だろう」というところを読み上げました。

 笑い話のおちは一番最後にあります。よくわからなくても一番最後の行がポイントになるのです。

 それで
「確かにそこが面白いところだ。では,この『毎晩身投げをする奴はお前だろう』の何が面白いの?」
 と僕は訊ねました。

 それに対して,あれやこれや言うのですが,まったくピントが合いません。

 そうこうするうちに 15分ほども立ったでしょうか。

 小学生も目の前にいます。そのぼくらの会話を聞いていたの小学生の一人Sくんが,「『身投げ』って何?」とぼくに尋ねました。

 僕は,そのとき「しまった」と思いました。僕にとって「身投げ」というのはよく知っている言葉です。その言葉の意味を知らない,ということもあるということを,うっかりしていました。

 Nくんは言葉のひとつ一つの意味は分かっているが,状況を思い浮かべることができないから理解できないんだ,と思って,何度も似たような問いかけをしていたのです。

 それでN君に「身投げって何か知っている?」と尋ねました。

 すると「知らない」というのです。

 この短い文の中で「身なげ」を知らないで,この文の意味がわかるはずがありません。

 それで,「それでは辞書を引きなさい」といいました。

 小学生もそのときには,ぼくらの会話に関心をもっているので,さっさと辞書を引いて納得したようです。辞書引きも小学生が速い。

 Nくんも辞書を引き,意味は分かったようです。でも,すぐには,おもしろさが分からないようです。

 でも,しばらくすると何とか納得したようでした。

 さて,
 「まい晩、身なげをするやつは、おまえだろう。」
 の意味がよく分からない。ぼくに何度問われても分からない。15分もです。そして,その中の「身投げ」という意味が分からないのです。

 そこで,なぜ「身投げって何だろう」と疑問に思わなかったのでしょうか。ぼくにはそれが分かりません。

 何が分からないのか,まったく分からないのでしょうね。身投げの意味が分からないから,分からないんだ,ということが分かれば,辞書を引けばいいのです。

 小学生のSくんは「身投げって何?」と言いました。その言葉がネックになっているのが分かったのでしょう。そこまでくれば解決は早い。

 でも,何がネックになっているのか分からない子は,道を開いていくことができません。

 そういう,何が分からないのか分からない子の指導をどうすればいいのか,ぼくの課題です。
 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/05/21/Fri 08:02[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.