FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

式の展開は,100ます方式で
 中学2年生は,文字式の計算をしています。そこに簡単な式の展開が出てきます。

 2(a+3b+4c)

 のようなものです。簡単な計算の部類です。それがなかなか出来ない生徒がいます。

 そういう子には,100ます方式でさせれば,けっこう間違えることなくやってくれます。

    a  +3b  +4c
─┼─────────────
2 │

 のように書いて,たてと横がまじわったところに,その積を書くのです。

    a  +3b  +4c
─┼─────────────
2 │ 2a  +6b  +8c

 これで,出来上がりです。
 計算が苦手な子でもこれで大丈夫!!

 もっと複雑な式の展開にも有効です。だから,ちょっとできる子もこれでさせた方がいいのかな,と考えています。

 因数分解にも利用できます。それは次の記事で。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.