FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

理解力の低い生徒は厳しい先生
 厳しい先生がいます。また甘い先生がいます。子どもたちは、甘い先生の方が好きです。甘い先生から教わる方が楽だからです。

 しかし、よく考えてみましょう。甘い先生だと現状維持でいいということになってしまい、力が伸びません。間違えたことをしても、それを見逃してしまえば、それはそのままです。一方、厳しい先生だと子どもたちの力は伸びていきます。厳しく指導されれば、それにこたえるために、いろいろ工夫し、自分を伸ばしていかなければならないのです。

 さて、理解力のある生徒がいます。一方、理解力の劣る生徒がいます。理解力のある生徒は、その生徒を教える教師にとっては甘い先生のようなものです。理解力のある生徒を教えるのはとても楽です。何の工夫もいりません。教科書通りの簡単な解き方を説明し、そして問題を与えさえすれば、あとは自分で伸びていきます。

 一方、理解力の劣る生徒は私たち教える側にとっては厳しい先生です。教科書に書いてあるような説明をしていたのでは理解してくれません。それで、理解させようといろいろ説明のしかたを工夫します。いろいろ考えなければいけません。

 理解力の低い生徒はほんとうに小さなことでつまずいてしまいます。私たちには気づかないような小さな石につまずくのです。その生徒がつまずいて初めてここに石があったのかと気づかされます。そのつまずいた小石を見て、どのようにすればその子はそれを乗り越えることができるのか、どのようにすればそれを避けて通ることができるのか、それは私たち教える側がいろいろ工夫をして考えてあげなければいけません。

 理解力のある生徒だとそういう小石があることさえ気づかないで、そのまますたすたと歩み進むでしょう。

 こんな小さなことにつまずくのは、この子の理解力が劣るせいだ、自分の教え方が悪いのではないと居直っていては教える力は伸びません。理解力のないのはその子の責任ではないのです。

 理解力の劣る子でも理解できるように教えてこそプロの教師なのです。いろいろ工夫すれば教え方は見つかるものです。工夫した教え方で子どもが理解してくれたときの喜びはまた格別なものです。

 理解力の劣る生徒を教えるということは大変なこと、厳しいことではありますが、私たち教える側の力をのばしてくれるのです。だから、理解力の劣る生徒は僕にとって、とても厳しい先生なのです。


 今朝の琉球新報「論壇」に掲載されました。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.