FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

like better なぜ?
 英語のlikeが「似ている」から「好む」という意味になったことをかきました。
like : 似ているから好きになる
 そう考えると「好む」の比較の文がわかってきます。
 
 「私はオレンジよりもリンゴが好きです」は
 I like apples better than oranges.

となります。このbetter がよくわからないのです。

日本語では「私はオレンジよりリンゴが好きです」ですから better にあたる言葉がどうしても出てこないのです。

better は、good, well の比較級ですから「もっと良い」「もっとよく」という意味になるでしょうが、これが日本語にはどうしても入りません。

 しかし、それが「似ている」から発展した言葉だというすると見えてきます。

 「あなたはお母さんによく似ているね」と云いますね。「よく似ている」のです。

 それから「あなたはお父さんよりもお母さんによく似ているね」という比較の文が作ることができます。

「お父さんよりももっとよくお母さんに似ている」とすると不自然ではありますが、なんとか受け入れられます。「似ている」だと「もっとよく」というbetterが使うことができます。

 私は「オレンジよりもリンゴの方がよく合っている」と考えればどうでしょうか。

 「似ている」「似合う」「合う」「好む」と考えれば、「好む」の一歩手前まで「よく」を使うことができます。

 私は「オレンジよりもリンゴの方が私の好みによく合っている」と考えれば、「好み」がでてきます。

 このように考えると「もっと好きです」というのが like better でもいいような気がしますが、どうでしょうか。

 たぶん、このようにして好むの比較の文ができたのではないでしょうか。

 ただ、
 「私はリンゴがとても好きです」は、
 I like apples very much. と much を使うのですね。「似ている」から発展しているのなら、ここで very well を使えばまだ一貫性があると思のですが,どうしてでしょうか。言葉というのは、一貫しないものなのでしょう。

 この記事は以下のページを参照しました。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~horumons/like.html
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.