FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

スモールステップ
 プログラム学習の特徴のひとつは「スモールステップ」です。

 なるべく誤りをせずに教育目標に到達させるために教科内容を細かいステップに分割して(スモールステップの原理)

フレームの例であげた私の教材を見てください。

http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-165.html

 ひとつひとつのフレームが階段を上るように小さなステップになっているのが分かっていただけるでしょうか。

1フレーム 仲間はずれ(集合)を用いて日本語で名詞の集合に気づかせる。

2フレーム 「名詞」という用語,定義

3フレーム 英語の名詞の仲間

4フレーム 動詞の集合

5フレーム  「動詞」という用語,定義

6フレーム 英語の名詞の仲間

7フレーム 「泳ぐ」と「水泳」を例に名詞と動詞(日本語で)

8フレーム 日本語の動詞には「ます(助動詞)」がつくこと

9フレーム 動詞は,ウ段で終わる

10フレーム 9フレームの確認


 このように細かく細かくわけて,説明します。


 なおぼくの本では見開き2ページで1節です。節でもスモールステップです。

1節は 「名詞と動詞」
2節は「単数と複数」 a dog , dogs
3節は「文の約束」 Dogs run. 文頭は大文字,単語間はあける,ピリオド
4節は「語順」 日本語は助詞があるせいで語順にこだわらない。
 「走るよ,犬が」でも Dogs run.
5節 「目的語」 Boys read books.

 のようにです。スモールステップになっていることが分かりますが。


英語プログラム学習 中1レベル
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.