FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

拙著「相対性理論入門(原稿)」段階を追っているので、とても分かりやすい
拙著「塾長先生の相対性理論、分かる授業」の原稿を、元高校の物理教諭Shinseiさんに読んでいただきました。

 きょう午後、読み終えったということで、原稿を届けに来てくれました。そして、i感想などを述べてくれました。数点、間違いや注意点もいただききました。

 次に、先生の感想を書き残しておきます。ヴォイスレコーダーに吹き込んだのを文字化しました。

 とにかくわかりやすい。
 段階を追って、具体的なところから入って、簡単な数式から難しい数式に進んでいく。

 特にトムキンスの世界はよかった。

 ぼくも、トムキンスは高校のときに読んだことがあるが、その頃は理解できなかった。

 ガリレオの世界から、トムキンスの世界、アインシュタインの世界、文字式の世界に進むというのはとてもいい発想だ。

 むつかしいけども、この段階を追っていったらわかるはずだった。じっくりゆっくり考えることができる人なら必ず理解できる。

 ぜひ、これは本にして発行してほしい。同僚だったi高校の理科の先生方にも読ませたい。

 僕も高校時代から相対性理論は読んでいたがよくわからなかった。大学に行って物理の専攻だが、突っ込んだ授業はなかった。

 この本を読んでよかったと思っている。

 Yojiさんの人柄だと思うのだけども、この段階を追った説明の後に「喫茶店にて」というのがある。あれは最高です。湿高鰤夫(しったかぶりお)さんが 出てくるのもおもしろい発想だ。ゆとりがある人が書いてるからいいですよ。



相対性理論入門書、原稿のモニター募集
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.