FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ごみ係りを決める
 庭のゴミがひどいことは書きました。

庭に捨てることに関しては、一つのいいアイデアが浮かびました。

 まず、ごみ係を生徒の投票で決定します。有権者は中学生全員。対象も全員。

 その時に、ごみをよく捨てている人に投票するように、ということで話します。
 知らない場合は、白紙投票でもいいということにします。

 そのゴミ係りが決まったら、1週間はごみ係として勤めてもらいます。つまり、毎日、庭のごみを拾って、庭をきれいにしてもらうのです。
 毎日の確認はこちらで行います。

 ごみ分別係も決めます。同じように投票で。

 そしてこちらも任期は1週間。
 毎日、ごみの分別をやってもらいます。

 そして、毎週金曜日に次の週の係を投票で決定します。

 生徒の投票で決めるので、生徒が秘密警察みたいになりますね。それぞれがそれぞれを見張る。
 秘密警察というのはいい感じがしませんが、・・・。

 実際には、やっていない生徒を選ぶといういじめが出てこないか、という意見も出ました。そのときはそのときで考えます。こちらも予想できると思います。生徒の性格はだいぶ知っているので。

 生徒に説明していると、「掃除大臣を決めるんだ」という声が聞こえました。学校ではそういっているのでしょうか。

 さっそく昨夜、投票をして、決めました。予想通りの結果が出ました。選ばれたことに対して、本人も不服はないようです。

 生徒に説明していると、「掃除大臣を決めるんだ」という声が聞こえました。学校ではそういっているのでしょうか。

 それぞれの生徒が、ゴミを庭に捨てず、分別もちゃんとできるようになれば、この係りは必要なくなります。早い時期にそうなることを願っています。

 ぼくとしては、いいアイデアだと思います。それが本当にいいかどうかは、結果がどうでるかですね。ゴミを捨てるひとが少なくなり、ちゃんと分別ができるようになれば「いい」アイデアということになりますが。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.