FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

タイムアウト
 行動療法のひとつの方法に、「タイムアウト」というのがあります。

 好ましくない行動が起ったときには、それを引き起こした刺激、そしてその行動を強化する刺激があると考えます。

 例えば、おしゃべり。おしゃべりをするのは、まわりにおしゃべり相手がいるからです。

 以前、おしゃべりをして楽しかった友人がいる。勉強をするよりも、彼とおしゃべりをした方が楽しい。それで、話しかける。すると、友人はその話しかけに応えてくれる。それで、おしゃべりが続いてしまいます。

 そういうとき、その好ましくない行動を引き起こし、強化した刺激を一定時間、遮断するというのが「タイムアウト」です。

 具体的にいえば、別のところに席を移したりするのです。

 mixiともだちのコメントに「島流し席」というのをもうけたことがあるとありましたが、それは、まさにタイムアウト法です。

 そのときに大切なのが、ある一定の時間を最初から定めるということ。10分なり、15分なり決めて「15分間、島流し席に行きなさい」と言って、島流しにし、15分たったら自席に戻すということです。

 ずっと長い時間になると、そこでの時間の過ごし方を見つけてしまって効果がなくなること、罰の意味を持ってくると、罰の悪い面が出てくる、ということだったと思います。

 タイムアウトは「罰」の一種とも考えられますが、それが長く続くと副作用が出てくるようなものです。

 それから、「島流し席」には楽しいものはないようにすること。漫画などがあってそこで楽しむことができたら、逆効果になります。

 実は、木曜日にそのタイムアウトを実施しました。

 いま一番の問題のMくんです。音楽マスキングをさせても、音楽がおもしろくないと言ってイヤホンを外したり、J-POPを聞いたり。

 それで、おしゃべりがあり、まわりに迷惑をかけています。迷惑をかけているという意識はまったくないようです。

 それで、おしゃべりが多いときに、隣室に島流しをしました。隣室はぼくの席の後ろの窓からのぞくことができます。ふだんはテスト前に一斉授業をするところです。

 タイムアウトはまだ一度しかやっていないの、効果のほどは分かりません。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.