FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

なぜあんな重い船が浮かぶのか
 先日、酒の場での話です。どういう流れだったかは忘れましたが、

 Mさんが
「なぜあんな重い船が浮かぶのか、不思議だ」と云いました。

 僕は、「鉄1kgと綿1kgでは何が重いか」というような質問をし、重さだけではなく、体積というのを考えさせ、比重の概念を理解させる方向で話しをしましたが、よく理解してくれませんでした。酒の場ですからくどい説明はできません。

 あとで、もっとうまい説明の仕方はないかなと考えてみました。

 まず、次のような質問をしてみます。

「釘一本と大きな丸太一本では何が重いか?」と。

もちろん「丸太が重い」と答えてくれるでしょう。

 そして「それでは釘と丸太はどちらが浮かぶか、どちらが沈むか?」と質問してみます。

 もちろん「釘は沈み。丸太は浮かぶ」と答えてくれるはずです。

 それによって、浮かぶか、沈むかは重さだけではなく、体積が関係するということも分かってくれるはずです。

 そして、次のような質問をします。

 酒の場ですからビールの空き缶は目の前にたくさんあります。

 「この空き缶は浮かぶでしょうか?」

 「もちろん浮かぶさ」と答えるでしょう。

 次に、このビールの空き缶をつぶしてしまいます。アルミの塊ができます。そして

「これはを浮かびますか?」

 「沈むだろう」と答えるでしょう。

 このように、同じ物質であっても形が違って、空洞になっていれば浮かぶというのが理解してもらえるはずです。

 そのあとで、船というのも大きな空き缶のようなものなんだ、空間があるんだ、それで浮かぶんだよ、と説明すればわかってくれるのではないでしょうか。

 次に機会があれば試してみたいです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.