FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

メキシカンハウス・リマレストラン
 サタZOOナイトのあとは、沖縄市の「メキシカンハウス・リマレストラン」で夕食。

 レストランの駐車場に車をとめ、裏からレストランに入る時、そこにかかっている雨よけのホロを見て、Kyokoが「なつかしいね」と言っています。

 基地の町では、レストランといえばこういう感じだったそうです。

 僕は首里で生まれ、育ちました。近くには基地はありません。

 しかし、Kyokoは読谷村で生まれ、育ちました。読谷村は基地の村です。だから同じ沖縄といっても感覚がかなり異なります。

 この雨よけの赤いホロを見たら昔のレストラン思い出すそうです。

 店内に入っても雰囲気としては基地の町にあるレストランだそうです。

 たっぷりたっぷりの料理を十分に食べました。いくらかは残して、明日の夕食にするといってビニールの袋に詰めていました。
rima1.jpg
rima2.jpg


 会計をするためにレジに立ったKyokoが僕に声をかけました。

「ほらAサインがあるよ。」

 Aサインと言葉は僕にもなじみではあります。で新聞やニュースで見たり、聞いたりする用語です。

Aサイン(えーさいん、A Sign)は、復帰前の沖縄において米軍公認の店舗に与えられた許可証のことである。
1953年に制度が発足。米軍による衛生基準に合格した業者に与えられた。Aサインの「A」は「Approved(許可済)」の頭文字で、公認の店舗は許可証か「A」の表示を店頭に掲げて営業した。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.


 Aサインバーで殺人事件があった、などとよく報道されていて、遠い出来事として感じていました。
rima3.jpg


 しかし、今読谷村に移り住んで妻のKyokoと話したり、嘉手納に住む知人と話しているとAサインというのが生活の中で生きていたというのがよくわかります。

 Aサインの「A」は「Approved(許可済)」の頭文字だったのですね。ぼくは今まで、A,B,Cのランクがあって、Aランクの店だと思っていました。

 復帰の後は、そういう制度はなくなったようですが、まだそのサインを壁に掲げているのですね。

 これを見て懐かしく思う人もいるでしょう。また、観光客も昔はこういうのがあったというのを見るためにも、いいものだと思います。
rima4.jpg


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.