FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

オオジョロウグモ
 20日(金)、車庫に行くと、大きな蜘蛛が巣を張ってありました。全長20cmほどの大きな蜘蛛です。それで、表と裏から写真を撮りました。なんという名の蜘蛛か知りません。友人のYoshihiroくんに尋ねてみます。彼なら知っている。

 以前はこのような大きな蜘蛛をよく見たのですが、最近では珍しいです。

 巣はそのままでは車が出ないので、かわいそうですが、巣は破り、蜘蛛は裏のやぶに入れました。
kumo1.jpg
kumo2.jpg

 Yoshihiroくんの娘さんに伝言をお願いしたところ、次のメールが返ってきました。Yoshihiroくん、娘さん、ありがとう。

オオジョロウグモ
今では少なくなった 以前はいっぱいいた
イソヒヨドリがぜんぶたべた


寝てたので、メモに残していたら、
朝、こんなメモが残ってました。



オオジョロウグモ(おおじょろうぐも) [ 日本大百科全書(小学館) ] 【大女郎蜘蛛】[学名:Nephila maculata]

節足動物門クモ形綱真正クモ目コガネグモ科に属するクモ。造網性のクモで、雌は日本最大で体長5センチメートル、脚(あし)を前後に伸ばすと15センチメートル以上になる。体の地色は黒く、腹部に黄色の2本の縦条が走る。触肢の基部は黄赤色。網は円網で大きく、直径1~2メートルに達する。吐喇(とから)列島以南、熱帯地方にかけて広く分布する。雄はきわめて小さく褐色で体長1センチメートル足らず。雌雄の体長の差が大きいことでも有名である。

[ 執筆者:八木沼健夫 ]

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.