FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

なぜ円高だと輸出に不利か ?
 円高や円安について書きました。

円高の教え方
 今度は、なぜ円高だと輸出に不利なのかについて書きます。
 以前も書きましたが、もう少し丁寧に書こうと思います。

 100万円の車を輸出しようと思います。

 日本では100万円と円で売りますが、アメリカだとドルで売らなければいけません。

 円が安いころ 1ドル=200円としましょう。
 1ドルが200円ですから 100万円は5000ドルになります。

1ドル:200円=xドル:100万円

 100万円÷200 
 で求めることができます。
(田の字表でできますが、田の字はまだマイナーなので、比例式で説明)

 アメリカで5000ドルで売って、その5000ドルを日本に送る。それを円に替えて100万円とする。100万円の車ですから、これでいいのです。


 さて、いろいろなことがあって円が高くなったとします。1ドル=200円だったのが 1ドル=100円になったとするのです。

 アメリカでは先ほどの車は5000ドルで売るのですね。だから一台売ると5000ドル入る。そのお金を日本に送るわけです。そして5000ドルを円に直すと 1ドル = 100円ですから50万円になります。

1ドル:100円=5000ドル:x円

 5000×100 で求めることができます。

 こんどは50万円しか手元に入りません。

 同じように5000ドルで売れても
 1ドル=200円だと、100万円だったのに
 1ドル=100円になっただけでそれが、50万円になるのです。

 一台の車を売ると100万円入ったものが、円高になったために1台売っても 50万円にしかならないのです。

 円高になっただけで同じように売っても、入るお金が少なくなるということです。

 それならば値上げすればいいということになるでしょうか。

 100万円得るためには、10000ドルで売らなければいけません。
 5000ドルだった車を 10000ドルで買う人がいるでしょうか。

 少なくとも買う人は激減するはずです。車が売れなくなれば収入もまた減るわけです。

 このように、ほかの条件は全く同じでも、円が高くなるだけで輸出をして得る日本円は少なくなるということになります。

 だから円高になると輸出産業は大きな痛手を受けるということになるのです。


 現在1ドルが \85とか\84といった状況です。だから1ドルが \200というとめちゃくちゃな例だと思われるかもしれません。

 しかし、僕が高校生のころ沖縄が復帰する前のころです。
 あのころは1ドルが\360だったのです。その頃は変動がなくいつでも1ドルが\360でした(固定相場制)。

 それがアメリカ経済が悪くなり、変動するようになりました。それに切り替えた直後に円がドルが急に安くなったのです。まあそういうことですから、1ドル=\200というのもという時代もあったのです。

1ドル360円であった固定相場制の時、何故360円であったか教えて下さい。

 現在の問題としてとらえたいのなら、計算は少しだけ面倒ですが、

 1ドル=90円から1ドル=85円になった場合を例としてとりましょう。

 アメリカで1万ドルで車を売ったとします。1ドル=90円ですから、1万ドルは90万円になります(1万ドル×90)。

 それが円高になり、1ドル=85円になったとします。すると85万円にしかなりません。

 5円円高になっただけで、90万円が85万円と5万円も少なくなるのです。

 1台で5万円です。それを何台も売る工場にとってはとても大きいでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.