FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

 「行動分析学入門」
 行動分析学は,米国の心理学者B・F・スキナーによって創始された心理学です。

 ぼくは学生時代にそれに出合い,これまでいろいろその理論をもとに動いてきました。
 塾の生徒にたいするときも,いつもこの理論が頭にありました。

 そういう意味でもこのような入門書が出たことをとても歓迎しています。

 この生徒はなぜこのような行動をするのか。そして,それを変えるにはどうすればいいのか,そのことがこの本の中からある程度は読みとることができます。
 でも,やはり入門書なので,それで十分ではありませんが,とりあえずこれで入門し,さらなる知識をつけていくことが大切だと思います。

 さて,入門書として成功しているかどうかですが,「あとがき」に

 どうしても教科書的になるのを避けえなかったことは,痛恨の痛みである。

 とあるが,その通りだと思います。
 ぼくはこれまでいくつも行動分析学の本を読んでいるので,この本はやさしく書かれているとは思うのですが,初めて学ぶ人にとっては少し難しいかもしれないと思います。
 でも,それをかくごしてじっくりと読んで,行動分析学について多くの人が知ってもらいたいです。 

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.