FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中野昌彦著「ペリーを訪ねて」
 中野昌彦著「ペリーを訪ねて」を読んでいます。面白い、興味深い本です。



 でも、琉球、沖縄については全くありません。全くないと言ったら語弊があるかもしれません。

 日本でのことを書きながら、それに関連して琉球が出てくることはあります。

 しかし、琉球でペリー提督がどのようにしたのかについての記述は、基本的ににありません。

 ペリー提督一行は浦賀に来る前後に琉球に訪れています。そして琉米修好条約をむすんでいます。

 琉球のあちこちを回って調査をしています。絵画もいくつもあります。僕の住んでいる読谷村にも訪れています。そのあたりのことが書かれているかと思って、期待していたのですが全くありません。

 ペリー提督の米国での状態などは結構詳しく書いているのですが 、琉球について書かれていなくていないのは残念です。

 あのころ琉球は日本ではないので、日本から離れたら外国に行っているということで、日本とは関係ないということなのでしょう。そういう意味では仕方のないことだと思われます。

 さて面白い箇所があるので引用します。

 3月31日に条約が調印されると、今度は日本側が饗宴を催した。(中略)

 ウイリアムスにとっては、がっかりする料理だったらしい。沖縄でふるまわれた料理の方がはるかに良かったし、おそらく江戸ならもっとおいしかっただろうし、神奈川でさえもっとよいものが出ただろうと書いている。

 『ペリー遠征記』にも、親切に心をこめた接待はよくわかったが、料理は沖縄の方がよかったと書いているから、だいぶ期待外れだったようだ。



 僕も、本土に住み始めたころは日本の料理があっさりしすぎて物足りないという感じを持ちました。

 沖縄の料理は中国料理に近いと思います。豚肉も出てきます。そういう意味ではアメリカの人の口にあったのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.