FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

性的なことをどう教えるか
 mixiの「セルフランニング」のコミュで、「性的なことをどう教えるか」ということで、次の記事を載せました。

子供なんだ・・・「伊豆の踊り子」

それに僕が書き込んだコメントをここに掲載いたします。

 123さん、コメントありがとうございます。

 日本で最初にノーベル文学賞をとった川端康成なのだから、読書も取り入れようと軽い気持ちで始めたのですが、汗をかきかき指導しています。

 123さんの書かれてあるように、軽く流してしまった方がいいのかもしれませんね。

 ここの部分には深い意味があるのだけども、今はわからなくてもいいかな。もう少し大人になって分かるだろう。そのころ読み返してみたらいいかもしれないね。

 などと、逃げてしまおうかな、と考えています。

 「伊豆の踊り子」の、この場面に川端康成が書きたいことが込められている。だから、それを読み取らなければ「伊豆の踊り子」の面白さは半減する、と考え込んでいました。

 表面的なストーリーを中学生のころには抑えておき、大人になってから、その意味を理解することができればいいのかもしれません。

 僕もその道を通ってきたように思います。


 職業差別も出てくるかもしれないという考えは、ちょっと頭をよぎったのですが、やはり慎重にしないといけないだろうと思います。

 こういう性的な描写はストレートには出さないが、作者はきちんと、におわせて書いています。

 それを読み取るにはやはり経験を積むことが必要なのでしょう。

 僕もいろいろな面で経験が足りないので、読み取るべきことを読み取っていないことが多いのだろうと思います。

 僕が学生のころに、やっと性教育の必要性が叫ばれ始めたように記憶しています。

 だからもちろん、僕自身、性教育は受けていませんし、教員の経験もないので教えた経験もありません。

 子どももいないので、そういう話題を交わしたことも、今まではありませんでした。

 だから、どうすればいいのかおろおろしているという感じでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.