FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

 二次方程式、解の公式
 中学3年生は二次方程式の学習をしています。

 僕は解の公式も教えています。ゆとり教育で解の公式も教えなくなっているようですが,やはり必要だと思うからです。

 丁寧にやれば中学3年生なら解の公式はちゃんと使うことができます。

 さて、間違いの多い生徒には次のようなことをさせています。

 まずは,解の公式のそれぞれの係数をa,b,cとしますが,そのa,b,cがそれぞれ何なのかをきちんと書かせます。

 つまりa=( ),b=( ),c=( )として,それをきちんと最初に書かせるようにするのです。

 それだけでも間違いが大分少なくなります。

 それでも間違える生徒には,次のように,解の公式を( )にしたものを見せて,それを写させて,そしてそれに一つ一つ丁寧に数値を入れるようにさせます。

解の公式


 それでも間違える生徒には,次のように( )の上に小さく,a,b,cを書かせ,そして( )に数値を入れるようにさせるのです。

解の公式2


 そうするとほとんど間違えません。

 計算で間違いが多いのは次の二点です。

 分子の左側のbの前にはマイナスが付いています。このマイナスを無視する形で計算していることが多いのです。

 次はルートとの中です。b2-4ac と4acにはマイナスがついています。それで,cの値がマイナスの場合にはルートの中は足し算になります。それを引き算で計算していることがよくあるのです。

 だから,間違えている生徒が習いに来た時には,そこのところをチェックしてあげ,そしてそこを注意するように指導すれば上手になります。

 確かに,解の公式は最初は面倒ではあるのですが,高校に行ったらどうしても必要になります。

 少し練習すれば,だれにでもできるのですから,中学生で教えた方がいいと僕は思っています。

 今回の教科書改訂では復活するようなので喜んでいます。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.