FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ペリー,そして鎌倉の旅 3日目(9月20日月曜日)
ペリー,鎌倉の旅 3日目(9月20日月曜日)

7時00分 目覚ましで起床
8時05分 部屋を出る
8時18分 鎌倉駅でコインロッカー
   の有無を確認。
   あるにはあるが数が少ない。
8時22分 北鎌倉までの切符を買う。130円×2人
8時29分 電車に乗る。
8時33分 北鎌倉駅に到着
8時38分 ホームから八雲神社を確認。
8時43分 円覚寺の塔頭を確認
 北鎌倉駅の駅名板 駅を出る。
8時50分 東京湾要塞第二区地帯票
8時55分 円覚寺

8時57分 円覚寺総門
円覚寺(Mコード1400-1210){夏目漱石の「門」}
8時58分 拝観料300円×2人
9時01分 山門
9時06分 山門のそばで朝食
9時23分 仏殿
   選仏場の薬師如来と観音菩薩
9時32分 国宝舎利殿
9時35分 開基廟
9時40分 黄梅院
9時46分 如意庵
9時50分 方丈庭園 方丈
9時53分 弁財天堂 洪鐘 への階段
9時56分 弁財天堂 洪鐘
10時05分 桂昌庵


10時18分 東慶寺{縁切り寺・駆け込み寺}(Mコード1400-1212}
明月院(Mコード1400-1214){あじさい寺}
10時19分 夏目漱石参禅100年記念碑
漱石は明治二十七年(1894)年末より、翌一月七日まで円覚寺内帰掃院(石段の真向かいの寺)に止宿し、時の円覚管長・釈宗演(1859-1919)に参禅した。
 帰掃院には、当時、帝大の哲学生・鈴木貞太郎(後の大拙居士)も修禅中であった。この参禅の体験は「門」にくわしい。十八年後の大正元年(1912)九月十一日、当時、この東慶寺に遷住の宗演を再訪した。
 碑の上段の宗演の書簡と下段の漱石の文は、それを示す簡の「鹿山に来参」とは「瑞鹿山円覚寺に来山して来禅したということ、Zは満鉄総裁・中村是公「その顰(ひそみ)に倣った」とは「連れション」のこと、ここが文学である。
 宗演は、漱石来参の前年、1893年秋、シカゴの万国宗教大会に日本代表として出席し禅を英語で説き、後に鈴木大拙が渡米し、ZENが世界に知られるに至る。漱石のこの文中に宗演を「知識」と讃えるとおり、釈宗演は近代仏教界の高僧である。宗演の墓は当山寺墓の奥に在る。

10時20分 入場料 100円×2人
10時22分 山門
ようやく大人が2人通れるほどの門が、ちんまりと佇む。しかし、門にいたる石段は、 女性たちを守る砦としての風格さえ醸している。

10時22分 本堂
本尊の釈迦如来坐像を祀る本堂「泰平殿」は、佐藤禅忠師が紺紙金泥で観音を揮毫して、 昭和10(1935)年に建立したもの。美しい宝形造の屋根を誇る本堂の庭には、 春になるとしだれ桜が花をつける。

(11)金仏
男僧住持の寺となった明治以降には、檀家の数も増え、各界名士の墓も多くなった。 鎌倉という土地が文人を引きつけるのか、墓とともにひっそりと立つ歌碑や句碑、 詩碑が目に留まる。

10時31分 岩波茂雄などの墓
10時35分 和辻哲郎の墓、田村俊子の墓
10時45分 浄智寺
10時54分 鐘楼門(まだ新しい)
左から過去をあらわす阿弥陀如来、
現在をあらわす釈迦如来、
未来をあらわす弥勒如来。
(両脇は達磨大師像・大休正念像・
南州宏海像などかな?)

11時08分 阿倍晴明大神
11時17分 明月院、拝観料300円×2
11時52分 長寿寺
11時58分 建長寺(Mコード1400-1221){日本最古の禅宗寺院}
12時12分 放塔
12時21分 放杖
12時26分 庭園
12時38分 円応寺
12時51分 巨福呂坂洞門
12時57分 二十五坊旧跡碑
1時02分 ナショナルトラスト誕生の地
1時04分 古都保存法発祥の地
1時09分 道元禅師顕彰碑
1時17分 黒鉄の井
1時21分 手打ちそば一茶庵 に入る
 てんぷらそば1940円 三色そば1575円
1時29分 蕎麦屋を出る
1時46分 鶴岡八幡宮三の鳥居
(Mコード1400-1229)

1時57分 舞殿 結婚式が行われる
1時59分 大石段
2時01分 本宮(上宮)
2時13分 かくれいちょう
2時15分 若宮
2時17分 白旗神社
2時20分 流鏑馬馬場
2時21分 畠山重忠邸跡
2時30分 大蔵幕府旧跡
2時40分 頼朝の墓へ
2時49分 島津忠久の墓、大江広元の墓
3時09分 東御門
3時12分 え柄天神
3時30分 鎌倉宮
3時44分 永福寺国指定史跡
3時54分 瑞泉寺 拝観料200円×2
3時59分 庭、緑がとても多い
4時04分 松陰吉田先生留跡碑(なぜ?)
4時29分 タクシーを電話で呼ぶが空車がなく20分待ち。断り歩く。
4時44分 バスに乗る。190円×2
4時49分 八幡宮前でバスをおりる
5時08分 チョココロッケ、牛肉コロッケ、各200円
5時28分 クレープカスタード、クレープシナモンアップル、
かき氷ミルク金時
5時46分 クレープ屋を出る。すぐ隣がホテル
5時47分 部屋にもどる、
5時54分 コロッケを食べる。大相撲をテレビでみる、仮眠
8時38分 夕食のため、部屋を出る
 オーストラリア料理
 チキン、たこスパゲティー、ビール、ワイン
 店の人と会話も
 ホテルの部屋へ
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.