FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

カタカナの「シ」と「ツ」
 ひらがな,カタカナの書き方が,とても乱れていますね。
 ぼくらのころに比べて,教える時間が少なくなっているのでしょう。
 いろいろありますが,カタカナの「シ」と「ツ」をきちんと区別して書けない。小学高学年,中学生になっても。たぶんそのまま高校生,社会人になっている人も多いのではないでしょうか。

 ぼくはこう教わりました。
 ひらがなの「し」はこう書くでしょう。だからカタカナの「シ」も「し」をなぞるように上から下に来て左下から右上にはねる。
 ひらがなの「つはこう書くでしょう。だからカタカナの「ツ」も「つ」をなぞるように左から右に来て右上から左下におろす。

 幼児や小学1年生にはそう教えた方がいいでしょう。

 ただ,小学高学年や中学生には簡単な方法があります。

 「うみ(海)を書いてごらん。そのさんずいの部分が『シ』だよ」

 「学校の学を書いてごらん。その上の部分が『ツ』だよ」

 ふしぎなことにカタカナの「ツ・シ」は書けなくても,「学・海」はちゃんと書けるのです。
 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.