FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ブログを読んでもらいたいなら、相手に関心を示せ
 ツイッターで、つぎのようなダイレクトメールが届くことがあります。

フォローありがとうございます。私のブログもご覧ください。



 中には、経営のコンサルタントをしている人がこのようなメールを送ります。

 正直言って、このようなダイレクトメールは工夫が足りないな、と思います。
 これでは、その人のブログを見たいという気になりません。

 もっと勉強してほしいです。カーネギーの「人を動かす」という本を読んでもらいたいです。





 僕は大学を卒業する前後に読みました。大変感銘を受けました。人を動かす方法が満載です。

 人を動かすには、どうしてほしいというの伝えるのもいいですが、それよりも相手に関心を示すということがとても大切になります。

 自分のことに関心を示してくれる人の言うことは、素直に聞くことができるのです。

 ブログを読んでほしいのなら、相手のブログをまず読むことです。

 ぼくのブログを読んだ形跡もないままで、ブログを読んでくれ、では、読みたくなりません。

 そして読んだことに対して何らかのメッセージを加えて相手に伝えたらいいでしょう。

 「ブログよみました。感銘を受けました」というような、だれにでも当てはまるようなことを書いても、自分のことに関心を示しているとは思いません。

 この人は本当に自分のブログを読んでくれたんだな、と思うようなメッセージでなければいけません。だから、本当に読まなければいけません。

 そのような人のメッセージなら素直に耳を貸したくなるものです。

 ブログの中に反論、批判したいようなことがあっても、とりあえずは触れないで置きます。

 そして共感できることを取り上げて、「私も同じように思います」「初めて知りました。勉強になりました」と言うように、相手をほめる言葉を書くといいでしょう。

 おべっかを使うというのではありません。本当にそう思うようなところをさがすのです。

 そのあとに、少しだけ「私もブログしています」ということが書かれていたら、読んでみようかなという気持ちになるものです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.