FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

tell, talk, speak, say の区別
 tell, talk, speak, say の区別はけっこうめんどうです。
 日本語では「話す」「言う」など,かなりあいまいに使います。

 ぼくは,次のように機械的に対応させています。

tell 「語る,告げる」,talk「会話する」, speak「話す」, say「言う」

 政村秀實「図解英語基本語義辞典」によると,

tellは「思考や情報をことばにして発し,相手に伝えること。聞き手とともに,話す内容が意識される」

talk は「相手に向かってしゃべること。しゃべる動作に関心があり,話す 内容に関心がない」

speak は「口を動かして言葉を発するようすをいう。 話す動作に視点があり,話す内容には関心がない」

say は「思考や情報をことばにして発すること」

 図で整理すると次のようになります。hanasu
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.